NEWS

イスラエル製の戦術用途・折り畳み式立ち乗り電動四輪車『DSraider』

海外軍事 Comments(0)
イスラエル企業の開発した『DSraider』は、折り畳み式の立ち乗り四輪車。ヒトが通れる程の幅さえあれば、2x4 / 4x4のドライブシステムと高トルクの電動モーターによって、どんな荒地でも難なく通行するその高い走破能力が最大の魅力。

Photo from DSRaider
最高速度は時速70キロメートル。1回の充電で最大70キロメートルの移動を可能とし、ハイブリッドオプションを使用することで数百キロメートルに延伸することも可能と言う。また、全長161センチメートルあるこの車体の最大積載能力は210キログラムと余裕を持っており、ドライバーの他に1名乗せて走行も可能。オプションの専用電動カートを牽引すれば、更に500キログラムの積荷運搬さえも可能になる。


Photo from DSRaider
車体重量70キログラムと軽量な上に、シャーシとハンドルの連結基部で折り畳むことができるので、スペースの確保さえできれば市販車輌でも難なく輸送できる。電動のため、移動時における静粛性の高さも特徴の1つとなっている。

このユニークな車輌は、軍用途の「DSraider」と民間向けの「EZraider」の2種類ラインナップしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop