TangoDown製ARの正規ライセンス電動ガンがイタリアのEvolution Airsoftから発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Evolution Airsoft
イタリアのエアソフト企業であるEvolution Airsoftが、TangoDown製コンプリートARであるECR(Enhanced Combat Rifle)の正規ライセンスを取得し、電動ガンを発売すると発表した。

プレスリリースの中でエボリューション・エアソフトは、タンゴダウン社が多くのプロフェッショナル達に愛用されてきたブランドであり、10年以上に渡って軍・法執行機関向けに高い品質の製品を送り込んできたことを紹介。ECRシリーズはタンゴダウン社との世界的な独占ライセンス契約の下で発売されることが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Evolution Airsoft
    バレルレングスは14.5インチと10.5インチの2種類、それぞれブラックとタンが用意される。

    Photo from Evolution Airsoft


    Photo from Evolution Airsoft
    リリースによるとこの電動ガンの大きなポイントは新規メカボックで「MosFETユニット」「クイックチェンジスプリングシステム」を標準で搭載。
    表面処理は塗装ではなく「ハードアノダイズド処理」だという。これによって可能な限りリアルなルックスと操作感を実現している。

    その他の特徴としては、通しのシリアルナンバー、フルメタルレシーバー、ワンピースアウターバレル、ライブボルトリリース、新型の強化ギアボックス、ハイトルクモーター、強化スチールギア、8mmベアリング軸受、130連スプリングマガジン、リポバッテリー対応などなど。

    また、同じくTangoDown正規ライセンスのアクセサリもラインナップされる。

    Photo from Evolution Airsoft
    見慣れたデザインのレイルカバーやフォアグリップ、マガジンだ。
    TangoDownというとAR系のアクセサリで知られたメーカーだが、上記のECRなどコンプリートガンも製造していた。
    ARバリエーションとしては今まであまり見かけないちょっとレアなモデル、しかも正規ライセンス品とくれば実にマニア好みの電動ガンといえる。

    公式web:http://www.evolution-airsoft.com/tangodown.html

    Text: 乾宗一郎 - FM201705

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    今度のMMMはサバイバルゲーム!現代戦イベント『MMM2018JUL』が7月28日(土)・29日(日)に開催
    装備好きイベントゲーム、第1回「GEAR ADDICT presented by KING」が開催
    香港メーカー「ARES Airsoft」から『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリース予定
    SYSTEMAから89式小銃のトレーニングウエポンが登場予定
    WE Airsoftの新製品「65式歩槍」のデモンストレーション動画
    豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
     今度のMMMはサバイバルゲーム!現代戦イベント『MMM2018JUL』が7月28日(土)・29日(日)に開催 (2018-07-13 13:43)
     装備好きイベントゲーム、第1回「GEAR ADDICT presented by KING」が開催 (2018-07-11 11:38)
     香港メーカー「ARES Airsoft」から『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリース予定 (2018-07-10 12:44)
     SYSTEMAから89式小銃のトレーニングウエポンが登場予定 (2018-07-10 12:27)
     WE Airsoftの新製品「65式歩槍」のデモンストレーション動画 (2018-07-06 12:11)
     豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop