KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from KWA Performance Industries, Inc.
台湾のエアガンメーカー・KWA(https://store.kwausa.com/)が新たな電動ガンを発表しました。
その名は「RM4A1」。名前の通りM4/AR系の電動ガンになります。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from KWA Performance Industries, Inc.
    既存のラインナップにもこの名前はありましたが「AEG3」ということで第三世代に進化しているそうですよ。

    現段階での情報は上記の画像しかありませんが、これによると・・・

    ・ワンピースアッパーレシーバー
    ・ロータリー式HOP調整機能
    ・クイックチェンジスプリングシステム
    ・ハイスピードギア
    ・リコイルショック機能
    ・スイッチライフエクステンダー(SBD的なもの)
    ・PTS製EPG(ピストルグリップ)の装備
    ・30/120連マガジン
    ・ハイトルクモーター

    などが特徴として挙げられています。

    元々ゴンゴンくるリコイルショックが特徴だったKWA製のRM4ですが、各部の改良によって総合的な堅牢さや動作の安定性、トリガーレスポンスがアップしているようです。

    先に発表された「AEG2.5」の「VM4」はフルオートサイクルの可変機能が特徴でしたが、このAEG3では基本的な構造やシステムをとことん突き詰めた仕様として開発されています。
    ルックスはシンプルな「すっぴんM4」なので、カスタマイズも幅広く楽しめるでしょう。発売は2017年の春です。

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿
    マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ
    VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表
    LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告
    クラッシック・アーミーUSAが市場初投入の「ダブルバレル」を備えたM4スタイルの電動エアガン「DT-4」を発表
    米空気銃輸入業・Air Venturiが「スプリングフィールド・アーモリー社」製品のエアソフト版独占取扱権を獲得
     スペインの「GROM」リエナクターが活動5周年記念の映像を投稿 (2018-01-16 17:54)
     マグプル社から正式承認済の「M-LOK」に対応したICSエアソフトの新製品「CXP-MMR」シリーズ (2018-01-15 20:19)
     VFCが2018年度版の製品カタログで「G3A3」のガスブローバックモデルを発表 (2018-01-15 19:46)
     LCTがPKP電動エアガンを6月に発売すると予告 (2018-01-12 16:57)
     クラッシック・アーミーUSAが市場初投入の「ダブルバレル」を備えたM4スタイルの電動エアガン「DT-4」を発表 (2018-01-12 16:34)
     米空気銃輸入業・Air Venturiが「スプリングフィールド・アーモリー社」製品のエアソフト版独占取扱権を獲得 (2018-01-12 12:58)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop