NEWS

カラシニコフ社が国防省向け新型軽機関銃「RPK-16」の調達契約を締結

海外軍事
ロシア銃器メーカー「カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)」のアレクセイ・クリボルチコ(Aleksey Krivoruchko)CEOは6日、国営タス通信の取材に応える格好で、国防省に向けた新型軽機関銃『RPK-16(РПК-16)』の調達契約に署名していたことを明かした。金額や数量など調達に関する具体的な情報は不明。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    RPK-16は、旧ソ連時代の1950年代に開発された7.62x39mm弾を使用するRPK軽機関銃からのリプレイスを企図したもので、今日の戦闘現場での経験を踏まえて開発。2016年9月にモスクワ郊外で開催された国際軍事技術フォーラム「アルミヤ」で初のお披露目を迎えている。

    関連記事:
    カラシニコフ社の新型軽機関銃「RPK-16」


    A screenshot from Pravda Report YouTube Channel
    5.45mm弾を使用し、交換式バレルによってロング版では機関銃として、またショート版ではアサルトライフルとしての使い方も可能。また、専用設計された96発装填のドラム式マガジンも併せて開発されている。

    全長1,076mm、バイポッドやアクセサリーが付いた戦闘状態で重量6キログラム。銃身長はショートバレルが370mmとなり、ロングバレルでは550mm。有効射程距離は600メートルで、1分間に700発の連射を可能としている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop