映画『John Wick: Chapter 2』の公式トレーラーとセンター・アクシス・リロック (CAR) システム

映画・テレビ
キアヌ・リーブス(Keanu Reeves)演じる殺し屋ジョン・ウィックの活躍を描いたアクション映画『John Wick: Chapter 2』の海外版オフィシャルトレーラーが、Youtube の Lionsgate 公式チャンネルで公開された。
過去のミリブロNewsで、本作のティザートレーラーと共に作品内容と関連エピソードを紹介しているが、今回公開されたオフィシャルトレーラーは、イメージ先行の前トレーラーとは異なり物語を意識させる構成となっている。

関連記事:
全米 2017 年 2 月 10 日公開、キアヌ・リーブス主演アクション映画「John Wick: Chapter 2」

本作の見所はガンアクションであるが、主人公ジョン・ウィックの独特な射撃テクニックは、前作公開時に国内外問わず一部のガンアクションファンの間で話題となった。

参考動画:John Wick Movie CLIP - Bar Gun Fight (2014) - Keanu Reeves HD
前作の日本版オフィシャルサイトでも触れられているが、ジョン・ウィックの射撃テクニックは、米 Sabre Tactical 社が提唱する“The CAR System(Center Axis Relock System)”を基にしているようだ。

“The CAR System”は、Sabre Tactical 社のインストラクター:故ポール・キャッスル(Paul Castle)氏が考案した接近戦用の射撃テクニックで、四つの射撃ポジション(High / Combat High / Extended / Apogee)を基本とし、安定性と操作性に優れていると同社は謳っている。

参考動画:Evolution of the Pistol
ハイレディポジションから素早くサイティングできるコンパクトなフォーム“Extended”は、アソセレススタンスやウィーバースタンスのように腕を突き出すスタイルとは異なり、両肘を曲げた状態で構え、持ち手とは逆の目(右手で構える場合は左目)でサイティングするのが特徴である。脇腹もしくは胸元で銃を構えて行うノーサイティング・テクニックの“High”や、銃口部を用いて行う非殺傷テクニックの“The Pistol Punch”など、これらのテクニックは銃を掴まれるなどの妨害にも対処し易いよう考案されている。

参考動画:Pistol Draw at CQ: Weaver/Isoc + Center Axis Relock
“The CAR System”は、視野が広く取れ、リロードやジャム対処に効率的で、反動をコントロールし易いため体格に関係なく扱え、ハンドガンだけでなくライフルやショットガンなどの長物にも応用でき、CQB エントリーや 馬上 / 車内 / 船上 / 機内といった様々なシーンに活用できる、など様々な利点を挙げている。

参考動画 サブマシンガンのデモンストレーション


参考動画 ショットガンのデモンストレーション

イギリスで警察官を務めていたポール氏は、退職後にタクティカル・トレーナーとしてアメリカに渡り、自らの経験と知識を基に“The CAR System”を考案した。“このシステムが命を救う”という強い信念をもって指導にあたっていたポール氏であったが、2011 年に癌のため他界している。

Text: 弓削島一樹 - FM201612

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得
米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表
ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員
2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』
米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始
特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ネットフリックスがトム・ハーディー主演シールズ映画「ウォー・パーティー」の製作・配給権を獲得 (2017-03-27 15:35)
 米ケーブルテレビ運営最大手のコムキャスト社が、元ST6所属経験を持つトップの交代人事を発表 (2017-03-21 17:07)
 ST6創設期メンバーの素顔が曝され、ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー映像に苛立つ元隊員 (2017-03-21 15:14)
 2019年公開予定、香港発のSFアクション映画『明日戰記 Warriors of Future』 (2017-03-21 12:55)
 米CBS放送が異例の巨費を投じて海軍特殊部隊ST6を題材としたパイロット版ドラマの撮影を開始 (2017-03-17 11:55)
 特殊部隊を精力的に追い掛けた女性戦場記者アレックス・クアード氏のドキュメンタリー映画『Danger Close』 (2017-03-17 11:15)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop