NEWS

2017年に配備が開始されるロシアの大口径狙撃銃「Kord-M」とは?

海外軍事

Photo: Kord-M 12.7mm sniper system 6S8 by Vitaly Kuzmin
ロシアの日刊紙Izvestiaによると、新型の大口径狙撃ライフル「Kord-M」のロシア軍への配備が2017年に開始される。
Kord-MはV・A・デグチャレフ(V.A.Degtyarev Plant)で設計された大型対物ライフル「KSVK 12.7」を改良したもの。ブルパップ方式のボルトアクションライフルで使用弾薬は12.7x108mm。5連発のボックスマガジンを備え、オフセットされた光学照準器が特徴。

全長1420mm、銃身長1000mmというサイズだが、重さはKSVKの12.5kgから10.0kgに軽量化されている。これはバレットM82より軽く、大型対物ライフルとしては最軽量クラス。徒歩での運搬・運用も十分可能になるという。

ロシア軍でのテストは終了しており、最初の納入分が2017年に特殊部隊と空挺部隊、山岳歩兵師団に配備される。専用弾薬による2000mの有効射程を活かし、重火器や軽装甲車両の排除を担うことになるだろう。

Text: 乾宗一郎 - FM201701

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)
 米大学研究チームが法執行機関向けに軽量・コンパクトを実現する「折り紙」式の防弾シールドを開発 (2017-02-20 17:54)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop