NEWS

ロッキード・マーティン社がカナダ企業から軍用エクソスケルトン技術のライセンスを取得

海外軍事

Photo from B-Temia
米軍需企業最大手ロッキード・マーティン社が、カナダに本社を置くバイオニック技術・エクソスケルトン (パワードスーツ) の開発企業であるビーテミア(B-Temia)社が保有する「Dermoskeleton」のライセンスを取得したことを発表した。
Dermoskeletonは、コンピューター制御デバイスの基礎であり、背中や脚における過度のストレスを解消し、着用者の運動能力向上を引き出すソリューション。

ロッキード・マーティン社は、同社が既に保有している産業用エクソスケルトン「FORTIS」の性能拡大を企図しており、軍事、即応従事者に向けた製品開発を進める狙いがある。

関連記事:
米海軍、ロッキード・マーティン社のパワード・スーツの評価試験を実施へ

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop