MHS版グロックの市販可能性についてグロック社幹部が言及

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo by Glock
グロック社の代表取締役であるステファン・ドーラーとインターナショナルセールス部門のトップ、リヒャルト・フラーがEuropean Security & Defence紙のインタビューでMHS版グロックの市販可能性について触れている。

関連記事:
米陸軍MHSトライアルに提出されたグロック19と23の画像が公開 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    民生用とは仕様の違う「MHS版」についてはFNやベレッタが同社の候補をリリースしている他、S&WもMHS版に近いといわれるM2.0をリリースしている。

    関連記事:
    FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ - ミリブロNews
    ベレッタ USA、米軍次期正式トライアルに向けたピストル「M9A3」を発表 - ミリブロNews
    S&W社 アップデート版M&Pである「M2.0」を正式に公開・販売を開始 - ミリブロNews

    グロックは先日LE向け仕様の「M」モデルの特徴を多く取り入れたGen5を発売したがMHS版は写真の公開のみにとどまっている。グロック社幹部は「開発費用はすべてグロックが出資しているから、自由に販売できる」として一般人や各国軍・警察など幅広いターゲットにアプローチしたいようだ。

    Source: Glock Modular Handgun System - European Security & Defence

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop