MHS版グロックの市販可能性についてグロック社幹部が言及

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo by Glock
グロック社の代表取締役であるステファン・ドーラーとインターナショナルセールス部門のトップ、リヒャルト・フラーがEuropean Security & Defence紙のインタビューでMHS版グロックの市販可能性について触れている。

関連記事:
米陸軍MHSトライアルに提出されたグロック19と23の画像が公開 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    民生用とは仕様の違う「MHS版」についてはFNやベレッタが同社の候補をリリースしている他、S&WもMHS版に近いといわれるM2.0をリリースしている。

    関連記事:
    FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ - ミリブロNews
    ベレッタ USA、米軍次期正式トライアルに向けたピストル「M9A3」を発表 - ミリブロNews
    S&W社 アップデート版M&Pである「M2.0」を正式に公開・販売を開始 - ミリブロNews

    グロックは先日LE向け仕様の「M」モデルの特徴を多く取り入れたGen5を発売したがMHS版は写真の公開のみにとどまっている。グロック社幹部は「開発費用はすべてグロックが出資しているから、自由に販売できる」として一般人や各国軍・警察など幅広いターゲットにアプローチしたいようだ。

    Source: Glock Modular Handgun System - European Security & Defence

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop