MMM : Full Scratch Build Airsoft

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連レポート
3月に開催される現用戦リエナクトイベントMMMで投入が予定されているニューウェポン、ZPU-2 14.5mm 連装対空機関銃をレポート。度胆を抜くビッグスケール!KPV 14.5mm 重機関銃 が 2連装 され、回転式の銃座も見事に再現。もちろん、エアソフトとしても法順守の規制をクリアした、見て触って楽しめるトイガンとなっている。

この他にも、過去に製作されたフルスクラッチビルドのエアソフト作品の数々も惜しみなく公開!今のところ、ここに紹介する全てのエアソフトはMMM 2013 Marでも登場する予定とのこと。
関西現用戦コスプレイベント MMMが3月開催、エントリー開始

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ZPU-2 Anti Aircraft Gun Full Scratch Build Airsoft



    両サイドにあるボックスは、弾薬箱を再現したもの。エアソフトでのモデルアップに当たっては機能として特に何かがあるわけではない。実銃の場合、台車にマウントさせる際、車輪との干渉を避けるために折り畳み式となっている。もちろんこのエアソフトモデル版でもそこまでも忠実に再現し、折りたためるようになっている。


    当然のことながらこのクラスのモデルアップは無いため、製作に当たっての採寸は全てインターネットを駆使したものとなる。使用弾薬のサイズや、その他公表されているスペックをベースにし、型取りをおこなって製作に取り掛かる。写真にある実寸大のプリントアウトがまさにソレ。


    総重量、約 250kg 。


    椅子はまだ製作中。


    右手で握るハンドルにより仰角を調整し、左手で握るハンドルで銃座自体の回転ができる。また左足付近にあるフットペダルにより、KPV 14.5mm 重機関銃を模したエアソフト用のメカ Box 各 1 個が連動する仕組みとなっている。




    銃座から対空用サイトを通じてターゲットを望めば気分は最高。




    ハンドルにはロック機構が備わっているので、回転フリーとならないように配慮されている。


    東側の大型の銃器によくみられるワイヤー式によるチャージングハンドルの作動。


    車輪を装着させる際には弾薬箱を回避させる必要がある。




    14.5㎜ ダミーカートも自作。




    全てにおいてビッグなスケールの ZPU-2 14.5mm 連装対空機関銃。MMM当日、触ることも出来るが、各部の造り、駆動個所が分からないと手や指を挟んで怪我をするかもしれない。その為、当日触ってみたい、遊んでみたいという方は製作関係者の指示に従って欲しい。

    ちなみにこちらのZPU-2 14.5mm 連装対空機関銃、どうしても買いたい!という場合、価格は 320万円で、送料などは別途ご相談とのこと。

    M2 Browning .50 cal Full Scratch Build Airsoft

    続いてこちらは M2 Browning cal. 50 。トリプルバレルのエアソフトとなっている。残念ながら撮影当日はアウターバレルを別の場所に保管していたので、このような格好での登場となった。







    XM174 40mm Grenade Launcher Full Scratch Build Airsoft

    こちらは珍しい XM-174 40mm Grenade Launcher のエアソフト。メカ Box ダブル使用となっている。後述で登場となる Mk.19 のおじいちゃん?にあたる 40mm グレネードモデル。





    DShKM Full Scratch Build Airsoft

    こちらは前回開催のMMMでも登場している DShKM のエアソフトモデル。放熱フィンの数はもちろん、ピッチの間隔も出来る限り再現に挑戦した意欲作となっている。










    ちなみにこちらの DShKM を購入希望される場合は、120万円で送料などは別途ご相談とのこと。

    Mk19 Grenade Launcher Full Scratch Build Airsoft

    Mk 19 40mm Grenade Launcher のエアソフト版。アフガンで展開している米軍のハンビーなどソフトスキンにも搭載がよくみられる。
















    Mk 19 40mm Grenade Launcher も販売可能で、価格は 80万円で送料は別途ご相談とのこと。

    PKM Full Scratch Build Airsoft

    PKM モデルのエアソフト。もうそろそろ日本にも海外エアソフトメーカー製のPKMが登場する予定だが、こちらは今から何年も前に既にフルスクラッチビルドで製造されたもの。他にない独特の雰囲気がこの銃の人気を物語る。




    こうした様々なレアアイテム、世界に1つしかないフルスクラッチビルドのエアソフトが3月のMMMに投入予定!同じ趣味を持つたくさんの仲間とともに最高の週末を楽しみましょう!!



    MMM 2013 Mar 開催要項:
    日時:2013年 3月2日(土)、3日(日)
    ※雨天・荒天でも決行
     3/2 前日キャンプ
     3/3 当日メイン状況

    会場:バトルランド-1 (和歌山県橋本市)
     http://bl.ord.cc/

    費用:事前申し込み且つ事前支払い
     前日キャンプより参加:4,500円
     日曜日のみ参加:3,500円
     当日参加 (支払い) :5,000円
    ※参加者同伴の女性は見学は無料。状況に参加する場合は参加費が必要。
    ※保護者 (参加者) 同伴の 18 歳未満者は、非武装現地人コスチュームの場合のみ。状況参加無料。

    ※写真協力:MMM 運営委員会 / 明日香縫製

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催
    「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』
    スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画
    イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始
     元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催 (2017-06-26 20:30)
     「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』 (2017-06-23 19:57)
     スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画 (2017-06-22 18:39)
     イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定 (2017-06-22 15:18)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2017-06-20 13:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop