米モントローズ警察署が盗難に遭った第二次大戦「1919機関銃」の無可動レプリカを捜索。市民に情報提供を呼び掛け

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Montrose Police Department
米コロラド州モントローズで、第二次大戦中に運用された機関銃のレプリカ×2挺が何者かによって盗み出されていたことが分かり、地元警察と犯罪防止企業が市民に対して情報提供を呼び掛けている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    事件が起きたのは、4月24日夕方から翌25日の早朝に掛けての時間帯とみられている。
    複数名の容疑者が、窓を破って建屋に侵入。中から『1919A2』と『1919A6』の無可動レプリカが持ち出されていた。

    1919A2は全長45インチ(=約114センチメートル)で重量15ポンド(=約6.8キログラム)。一方の1919A6は全長50インチ(=約127センチメートル)で重量は26ポンド(=約12キログラム)と、共に大型サイズ。両方ともバイポッドが備わっており、A6についてはベルト給弾仕様のダミーカートが付属していたという。

    警察によると容疑者はこの他、戦傷者センターの募金箱も荒らしており、中にあった現金を持ち去っている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    最大出力1,500ルーメンを誇るSureFireの『M600DF』ウルトラ・スカウトライト
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第14回「SVG Unlimited」が開催
    シグ社 Bluetoothで連動するスコープとレンジファインダーのシリーズ「BDX」を発表
    第57回静岡ホビーショー詳細レポート
    CMPが米陸軍『ナインティーン・イレブン(1911)』ピストルの民間への払い下げ価格を発表
     最大出力1,500ルーメンを誇るSureFireの『M600DF』ウルトラ・スカウトライト (2018-05-22 15:33)
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第14回「SVG Unlimited」が開催 (2018-05-15 16:34)
     シグ社 Bluetoothで連動するスコープとレンジファインダーのシリーズ「BDX」を発表 (2018-05-15 12:46)
     第57回静岡ホビーショー詳細レポート (2018-05-11 13:42)
     CMPが米陸軍『ナインティーン・イレブン(1911)』ピストルの民間への払い下げ価格を発表 (2018-05-10 19:11)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop