NEWS

NASAが元海軍特殊部隊SEAL・ハーバード大学医学卒業生のジョニー・キム博士を宇宙飛行士候補生に指名

海外軍事
米航空宇宙局(NASA: National Aeronautics and Space Administration)は7日、宇宙飛行士養成課程の開始にあたって、応募1万8,300名の中から選出した12名を発表。その中に、元海軍特殊部隊SEALでありハーバード大学医学大学院の卒業生であるジョニー・キム(Jonny Kim)博士の名前が挙がっていた。

関連記事:
NASA ジョンソン宇宙センター、宇宙飛行士オフィスのトップに元・SEAL の宇宙飛行士を指名

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    カリフォルニア生まれのキム氏は、2002年に地元サンタモニカ高校を卒業し海軍に入隊。海軍特殊作戦の訓練課程を経てSEALチーム3の特殊部隊員として配属されている。そして、2012年にサンディエゴ大学を卒業し、医療隊に任命されるまでの間、中東地域に2度のディプロイメントを経験し、戦闘メディック、スナイパー、ナビゲーター、ポイントマンとして100以上の戦闘オペレーションに従事している。


    軍歴の中でキム氏は、シルバースター、戦闘功労付きのブロンズスター、戦闘功労付き海軍・海兵隊称揚章の他、各種の従軍記章が叙勲されている。

    SEALとしての軍務を終えたキム氏は、サンディエゴ大学に進学し、数学分野で最優秀者(summa cum laude)としてその学業を修めている。その後、ハーバード大学医学大学院に進学し、2016年に医学博士号を取得。現在は、同医学部の関連病院であるブリガム・アンド・ウィメンズ総合病院の研修医として勤務している。


    Photo from NASA
    晴れて宇宙飛行士候補生となったキム氏には、テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターで8月から始まる2年に及ぶ訓練プログラムが待ち構えている。同訓練プログラムを受講したのは、1959年以来わずか358名の宇宙飛行士しかいない。

    Serving After Service: From the Battlefield to the ER


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop