NEWS

NASAが元海軍特殊部隊SEAL・ハーバード大学医学卒業生のジョニー・キム博士を宇宙飛行士候補生に指名

海外軍事 Comments(0)
米航空宇宙局(NASA: National Aeronautics and Space Administration)は7日、宇宙飛行士養成課程の開始にあたって、応募1万8,300名の中から選出した12名を発表。その中に、元海軍特殊部隊SEALでありハーバード大学医学大学院の卒業生であるジョニー・キム(Jonny Kim)博士の名前が挙がっていた。

関連記事:
NASA ジョンソン宇宙センター、宇宙飛行士オフィスのトップに元・SEAL の宇宙飛行士を指名
カリフォルニア生まれのキム氏は、2002年に地元サンタモニカ高校を卒業し海軍に入隊。海軍特殊作戦の訓練課程を経てSEALチーム3の特殊部隊員として配属されている。そして、2012年にサンディエゴ大学を卒業し、医療隊に任命されるまでの間、中東地域に2度のディプロイメントを経験し、戦闘メディック、スナイパー、ナビゲーター、ポイントマンとして100以上の戦闘オペレーションに従事している。


軍歴の中でキム氏は、シルバースター、戦闘功労付きのブロンズスター、戦闘功労付き海軍・海兵隊称揚章の他、各種の従軍記章が叙勲されている。

SEALとしての軍務を終えたキム氏は、サンディエゴ大学に進学し、数学分野で最優秀者(summa cum laude)としてその学業を修めている。その後、ハーバード大学医学大学院に進学し、2016年に医学博士号を取得。現在は、同医学部の関連病院であるブリガム・アンド・ウィメンズ総合病院の研修医として勤務している。


Photo from NASA
晴れて宇宙飛行士候補生となったキム氏には、テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターで8月から始まる2年に及ぶ訓練プログラムが待ち構えている。同訓練プログラムを受講したのは、1959年以来わずか358名の宇宙飛行士しかいない。

Serving After Service: From the Battlefield to the ER


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入
米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入 (2018-08-20 18:16)
 米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定 (2018-08-20 14:32)
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop