NEWS

NDAD社の5.56mm/300BLK兼用のAR-15用サプレッサー一体型アッパーレシーバー

海外軍事

Photo from Defense Review
先日、アメリカ軍のAR-15用サプレッサー一体型アッパーレシーバー(SURG)計画が再開された。銃の威力を保ちつつ音・光・熱といったあらゆるシグネチャの低減は非常に困難であるが、それでも計画を再開するだけの意義があるようだ。

関連記事:
サイレンサー一体型アッパーレシーバーM4計画「SURG」の入札が中止に
米陸軍遠征戦士実験に持ち込まれた SURG 計画提案メーカー SEG 社の製品

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Nous Defions Arsenal Democracy社が試作したものは、以前のSURG計画に向けて開発されていた5.56mm用モデルを300BLKに変更したもの。いわゆる「PDW」用の短い伸縮ストックをつけているが、8インチのバレルにほぼ等長の8.5インチというサイレンサーを装着しているのが特徴。

    Photo from Defense Review

    バレルとほぼ同じ全長、8.5インチのサプレッサー。先端の耐熱シリコン製グリップを掴んで回し、脱着することができる。



    取り外す様子はこちらから。
    Nous Defions Arsenal Democracy Suppressor Upper Receiver Group (SURG) Suppressed AR SBR

    また使用する弾丸が超音速か亜音速かによってレティクルを切り替えられるリューポルド製1.5倍のスコープを搭載している。

    サイレンサーの軍での使用はまだまだ「全面的」とは言い難い。SURGのような計画によって現れる様々なアイディアは、どのように問題を解決してくるのか楽しみだ。

    Source: Feel The SURG Redux – USSOCOM Again Seeks Suppressor Upper Receiver Group for M4A1 Carbines - Soldier Systems Daily

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop