NEWS

ビン・ラディンに最後の一発を見舞った元DevGru隊員、ロバート・オニール氏が厳戒態勢の中で挙式

海外軍事
9.11の首謀者、オサマ・ビン・ラディン(Osama Bin Laden)容疑者の急襲作戦に参加し、その最後を迎える一発を見舞った「Shooter」、元米海軍特殊部隊ST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")隊員のロバート・オニール(Robert O’Neill)氏(41歳)が、8月に結婚していたことが分かった。英国の老舗タブロイド紙であるデイリー・メールが、独占スクープとして詳報している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    マサチューセッツ州ケープコッドで挙げられた結婚式は厳戒態勢の中でおこなわれ、デトロイト出身のロックミュージシャン、キッド・ロック(Kid Rock)がゲストとして招待されている。
    また、式場に駆け付けたオニール氏だったが、教会に来るまでの間に指輪を忘れてきたエピソードも紹介されている。

    新妻となったジェシカ(Jessica)さん(27歳)との馴れ初めは、オニール氏が登壇したあるカンファレンスの席だったという。ジェシカさんもその場に出席した一人で、彼女の上司は元々別の人物を登壇させる予定だったようだ。

    ジェシカさんは、オニール氏が特殊部隊のメンバーであること自体は承知していたものの、かの有名なオサマ・ビン・ラディン容疑者を殺害した米軍戦史に残る人物であることまでは知らなかったとのこと。


    Mikhail Glabets Photography/DailyMailTV


    Mikhail Glabets Photography/DailyMailTV
    国家の為、文字通りに命を掛けて戦ってきたオニール氏。自身の「晴れの日」に着用したスーツの内張りには色鮮やかな「スターズアンドストライプス」が配われていた。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop