オーストラリアの高速道路で定期警ら中の警察官が車輌捜索し、ナチス・ドイツ時代の『MP40』を押収

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from NSW police official Twitter
オーストラリアの高速道路で定期警邏をおこなっていた警察官が不審車両を発見。車内から第二次大戦中にナチス・ドイツ下で使用されていたMP40短機関銃を押収した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    現場となったのは、同国最大都市であるシドニーの北東、南太平洋に面したタゲラ湖のハイウェイ。40歳の男が運転していた車内からは銃身の無い状態のMP40と弾倉1本、そして様々な種類の弾薬×60発が押収されている。

    鑑定に協力したオーストラリア戦争記念館で主任学芸員を務めているシェーン・ケイシー(Shane Casey)氏は、ABCニュースの取材に対して、「MP40はとても頑丈な火器であると同時に、連合軍にとっては戦時の記念品として知られている」「小型で折り畳めることから、車輌に乗って移動する部隊や、空挺部隊に向けてデザインされた」と語っている。

    警察によると銃は「正常に動作するようだった」とのこと。なお、男はニューサウスウェールズ・ワイオングの警察署にその身柄が送致されている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある
    CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告
    カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
     あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある (2017-12-15 11:56)
     CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告 (2017-12-15 11:19)
     カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始 (2017-12-15 11:11)
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop