NEWS

オランダ陸軍特殊部隊「KCT」がマルチカム迷彩を使った新型戦闘服の第一陣を受領

海外軍事 Comments(0)

Photo from Korps Commandotroepen (KCT)
オランダ陸軍特殊部隊「KCT(Korps Commandotroepen)」が、マルチカム(Multicam)を使った新型戦闘服の第一陣を受領した。KCTは、対テロ作戦を含め、世界各地へ即時派遣を受け持つ精鋭部隊。

Photo from Korps Commandotroepen (KCT)
新型戦闘服は、特殊作戦に向けた中核研究拠点である「IKCSO(Interservice Knowledge Center Special Operations)」と、陸上物資の兵站を担う「MATLOGCO(Materieellogistiek Commando Land)」による共同研究の末に開発されたもので、既に2個中隊に向けて支給されている。


Photo from Korps Commandotroepen (KCT)
オランダ軍では、西アフリカ・マリでの派兵経験を基にした「国防作戦被服システム(DOKS: Defensie Operationeel Kleding Systeem)」計画を打ち立てており、2020年から2022年の間に受領を予定しているが、2018年から2020年に掛けては、数千着の戦闘服が特殊部隊に向けて一時的に納品される。

迷彩パターンは、周囲の環境へ溶け込むためだけでなく、敵味方識別の意味合いもあり、友好国の軍隊との共同作戦遂行にも一役買っている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop