NEWS

キャノピーの吹き飛んだA-10を着陸させた空軍州兵パイロットが『ジョー・フォス優秀賞』を授賞

海外軍事

Photo courtesy U.S. Air National Guard
米空軍州兵のA-10パイロットが、飛行中に大きなトラブルに見舞われながらも、優れた判断と技術を示したことが評価され、軍航空機搭乗員会「ダイダリアン(Daedalians)」により『ジョー・フォス優秀賞(Joe Foss Award for Excellence)』が贈られた。空軍によると、同賞の授賞は2013年以来とのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2017年7月20日、ミシガン州セルフリッジ基地。第107戦闘飛行隊に所属するA-10攻撃機パイロットのブレット・デブリーズ(Brett DeVries)少佐がグレーリング演習場で機銃掃射をおこなっていた。
    A-10パイロットとして8年のキャリアを持つデブリーズ少佐だったが、この日は人生最大のアクシデントに見舞われる。地上のターゲット目掛けて掃射をしていたところ、機銃にジャムが発生。その影響で直後にキャノピーが吹き飛んでしまったという。そしてキャノピーが吹き飛んだことで機体の通信機器に障害が発生し、無線機能の大部分が失われてしまう。更に着陸装置が跳ね上がった状態のままロックしてしまうというオマケ付きだった。


    U.S. Air National Guard photo by Master Sgt. David Kujawa
    この難易度の高いトラブルに見舞われながらも、デブリーズ少佐は機体を回復させることに成功。機体にこそダメージを残したものの、人的被害を一切出さず、近くのアルピーナ戦闘準備訓練センターに無事着陸させている。

    賞の名前にもなっている「ジョー・フォス」とは、第二次大戦下のガダルカナル島の戦いにおいて、大日本帝国海軍の零式艦上戦闘機を相手に卓越した空戦を繰り広げた海兵隊のエースパイロット「ジョセフ・フォス(Joseph Jacob Foss)少佐」に由来している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop