NEWS

ノルウェー軍の「Jegertroppen (Hunter Troop) 」は世界初の「女性だけの特殊部隊」

海外軍事

Photo: via Forsvaret
北欧、スカンディナビア半島の西岸に位置するノルウェーに、世界で初めての女性だけの特殊部隊「Jegertroppen (英訳では "Hunter Troop" ) 」が発足している。今年 2 月に、米国のシンクタンク「外交問題評議会 (CFR: Council on Foreign Relations) 」の発行する政治雑誌「フォーリン・アフェアーズ (Foreign Affairs) 」が特集した。


Photo: via Forsvaret
ノルウェーは、イスラエル同様 1985 年に、軍における戦闘ポジションを女性にも開放しているが、現実的には全体の中で僅か 10% に過ぎないでいた。

関連記事:
ノルウェー、女性も徴兵制の対象に

こと特殊作戦においては、女性隊員はゼロであったことが伝えられており、その後に門戸が開放されるも志願者は殆ど無く、選抜試験をパスするものは現れなかったという。「女性隊員の欠如は、国際的な作戦に参加する中で、特殊作戦の効果に制限を課してしまう」そうした危機感が軍内部にあったとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ノルウェー特殊作戦司令部によると、317 名中 88 名が初期選抜試験を通過、その中で 13 名の候補生が精鋭ハンタートゥループの年次課程へと駒を進めている。また、軍のリクルートページによれば、年次課程の卒業後は、特殊偵察任務の他、空挺降下、サバイバルといった訓練への参加が待っている。


    Photo: via Forsvaret
    ノルウェー国防省管理のファイルを検索してみると、2016 年 5 月 3 日に作成されたハンタートゥループの能力試験に関する資料がある。そこには、特殊部隊 FSK (Forsvarets Spesialkommando) による訓練プログラムに、最低限のフィジカル訓練として以下のスケジュールが組まれている。

    4 月
    ・15 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (トレーニングウェア着用、タイム計測無し)
    ・200 メートルの水泳

    7 月:
    ・15 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (トレーニングウェア着用、タイム計測有り)
    ・懸垂 1 回
    ・腹筋 35 回
    ・腕立て伏せ 20 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    7 月 (計測)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (M04、行軍用ブーツ着用、武器携行、タイム計測有り)
    ・懸垂 1 回
    ・腹筋 35 回 / 分
    ・腕立て伏せ 20 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    11 月 (空挺課程)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (M04、軍用ブーツ着用、武器携行、52 分以内)
    ・懸垂 5 回
    ・腹筋 35 回 / 2 分
    ・腕立て伏せ 35 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    翌年 7 月 (ハンター通過者)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 15 キロメートルの行軍
     (M04、軍用ブーツ着用、武器携行)
    ・懸垂 8 回
    ・腹筋 50 回 / 2 分
    ・腕立て伏せ 45 回
    ・デッドリフト 25 回
    ・ポリステスト 32 発
    ・3,000 メートル走 (13 分)
    ・400 メートルの水泳 (11 分)


    Photo: via Forsvaret
    ノルウェー特殊部隊の司令官を務めるフロド・クリストフェルセン (Frode Kristoffersen) 大佐によると、「ハンタートゥループの女性隊員は、射撃スキルや監視能力に優れている」と評している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop