NEWS

ノルウェー軍の「Jegertroppen (Hunter Troop) 」は世界初の「女性だけの特殊部隊」

海外軍事

Photo: via Forsvaret
北欧、スカンディナビア半島の西岸に位置するノルウェーに、世界で初めての女性だけの特殊部隊「Jegertroppen (英訳では "Hunter Troop" ) 」が発足している。今年 2 月に、米国のシンクタンク「外交問題評議会 (CFR: Council on Foreign Relations) 」の発行する政治雑誌「フォーリン・アフェアーズ (Foreign Affairs) 」が特集した。


Photo: via Forsvaret
ノルウェーは、イスラエル同様 1985 年に、軍における戦闘ポジションを女性にも開放しているが、現実的には全体の中で僅か 10% に過ぎないでいた。

関連記事:
ノルウェー、女性も徴兵制の対象に

こと特殊作戦においては、女性隊員はゼロであったことが伝えられており、その後に門戸が開放されるも志願者は殆ど無く、選抜試験をパスするものは現れなかったという。「女性隊員の欠如は、国際的な作戦に参加する中で、特殊作戦の効果に制限を課してしまう」そうした危機感が軍内部にあったとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ノルウェー特殊作戦司令部によると、317 名中 88 名が初期選抜試験を通過、その中で 13 名の候補生が精鋭ハンタートゥループの年次課程へと駒を進めている。また、軍のリクルートページによれば、年次課程の卒業後は、特殊偵察任務の他、空挺降下、サバイバルといった訓練への参加が待っている。


    Photo: via Forsvaret
    ノルウェー国防省管理のファイルを検索してみると、2016 年 5 月 3 日に作成されたハンタートゥループの能力試験に関する資料がある。そこには、特殊部隊 FSK (Forsvarets Spesialkommando) による訓練プログラムに、最低限のフィジカル訓練として以下のスケジュールが組まれている。

    4 月
    ・15 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (トレーニングウェア着用、タイム計測無し)
    ・200 メートルの水泳

    7 月:
    ・15 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (トレーニングウェア着用、タイム計測有り)
    ・懸垂 1 回
    ・腹筋 35 回
    ・腕立て伏せ 20 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    7 月 (計測)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (M04、行軍用ブーツ着用、武器携行、タイム計測有り)
    ・懸垂 1 回
    ・腹筋 35 回 / 分
    ・腕立て伏せ 20 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    11 月 (空挺課程)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 7 キロメートルの行軍
     (M04、軍用ブーツ着用、武器携行、52 分以内)
    ・懸垂 5 回
    ・腹筋 35 回 / 2 分
    ・腕立て伏せ 35 回
    ・デッドリフト 20 回
    ・200 メートルの水泳

    翌年 7 月 (ハンター通過者)
    ・22 キログラムの荷物を背負って 15 キロメートルの行軍
     (M04、軍用ブーツ着用、武器携行)
    ・懸垂 8 回
    ・腹筋 50 回 / 2 分
    ・腕立て伏せ 45 回
    ・デッドリフト 25 回
    ・ポリステスト 32 発
    ・3,000 メートル走 (13 分)
    ・400 メートルの水泳 (11 分)


    Photo: via Forsvaret
    ノルウェー特殊部隊の司令官を務めるフロド・クリストフェルセン (Frode Kristoffersen) 大佐によると、「ハンタートゥループの女性隊員は、射撃スキルや監視能力に優れている」と評している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop