NEWS

ノルウェー企業が水中でのスーパーキャビテーション現象を利用した"スイム弾薬"「CAV-X」を開発

海外軍事
ノルウェーのDSGテクノロジー(DSG Technology)社が、スーパーキャビテーション(supercavitation)現象を利用し、水中において離れたところでもリーサリティー(致死性)を発揮するよう設計された「CAV-X」なる特殊弾薬を開発した。

NATO諸国に向けて、12.7mm、7.62mm、5.56mmに対応する弾薬を提案しており、今年の年初には既に少数を売却しているとのこと。試験用途に使用され、米海軍がその利用に関心を示していることが伝えられている。
水の分子は、空気中と比べてより密接に繋がり合っているため、水中で航走する物体は陸上よりも早くに失速する。その為、有効範囲は極めて限られたものとなっている。

関連記事:
なぜ水中では近距離から撃たれても平気なのか?研究者が自らの体を張った射撃試験を実施

CAV-Xの性能を引き出す上で欠かせない「スーパーキャビテーション」とは、水中で物体の速度が上昇した際に発生する「キャビテーション(気泡)」が、その物体全体を覆うまで発達した状態を指している。航走体の先端でスーパーキャビテーションを発生させ、航走体全体を気層で覆うことにより、摩擦抵抗を大幅に低減し、高速での水中移動が可能になる。

なお、今回のCAV-Xの利用においては、特別な銃器本体を必要とせず、従来からある銃器との互換性を持っているとのことで、運用面においても非常に重要なメリットとなりそうだ。


Photo from DSG Technology
またCAV-Xは、射撃時にターゲットに対して低角度を持った状態でも、優れた貫通力が提供されるよう設計されているとのこと。これによて水面下からの攻撃や、またはその逆で洋上から水面下のターゲットに対しても有効な一撃を加えることが可能となる。その為、沿海域戦闘艦やヘリコプター、ゾディアックボートなどでの利用も見込まれている。

DSGテクノロジー社によると、水中における有効射程距離は以下の通りとなっている。

* 5.56mm NATO CAV-X
Typical effective range: 700-900m (air), 10-11m (water); Sub-sonic 600m (air), 12-14m (water).

* 7.62mm NATO CAV-X
Typical effective range: Supersonic 1100m (air), 20-22m (water); Sub-sonic 500m (air), 12-14m (water).

* 12.7mm NATO CAV-X
Typical effective range: 2200m (air), 60m (water).


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop