NEWS

米国防総省が「ブラストゲイジは一貫性・信頼性に欠ける」としてお役御免に

海外軍事

Photo from DARPA
米軍装備ファンを中心にお馴染みの「ブラストゲイジ (Blast Gauges) 」が、数ケ月前から既にお役御免となっているようだ。

関連記事:
DARPA、TBIリスクを識別するブラストゲージテスト拡大

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    米国の非営利・公共ラジオネットワークであるナショナル・パブリック・ラジオ (NPR: National Public Radio) は、国防総省 "ペンタゴン" が、数千人のアフガニスタン派兵部隊に支給していたブラストゲージを、静かに計画から外していたことを報じている。

    それによるとペンタゴンは、「ブラストゲージは、訓練や戦闘環境で一貫性と信頼性の高いデータを提供していなかった」とし、製品が希求していたものに満たなかった実態を示している。


    Photo from BlackBox Biometrics

    Key Features
    * Triage Capable – Wirelessly or via recessed button.
    * Exposure Tailored Treatment – Data transferred wirelessly to mobile app or via USB to PC for detailed event analysis.
    * Durable – Fully encapsulated design withstands weather and impact.
    * Automated – Blast overpressure and acceleration automatically collected and classified.
    * Reprogrammable – Load latest algorithms at time of activation.
    * Small – Less than two cubic inches.
    * Flexible – Instantly mounts to helmet, gear and vehicles.
    * Inexpensive – Quickly outfit deployed troops.
    * Secure – Operator privacy protected.
    * Multipurpose – Route clearance, training, SOF, breaching, SWAT, bomb squad.
    * Made in USA – Proudly keeping jobs at home.


    米軍フォトライブラリーなど、メディアでの露出も高いブラストゲージは、ペンタゴンの研究開発部門である、国防高等研究事業局 (DARPA: Defense Advanced Research Projects Agency) の出資により設立されたブラックボックス・バイオメトリクス社 (BlackBox Biometrics, Inc.) が開発。


    BlackBox Biometrics (B3) official website

    IED (Improvised Explosive Device, 簡易爆発物) などの爆発物や、砲撃、ミサイル発射、フラッシュバンのような激しい衝撃を感知、記録する小型のデバイスで、2011 年から陸軍での支給が始まっていた。

    Official Blast Gauge System Training Video

    爆発により生み出される衝撃波により、隊員の頭部に強い衝撃が加わることで、脳が傷付き出血する「外傷性脳損傷 (TBI: Traumatic Brain Injury) 」は、認知障害や運動障害を引き起こすだけでなく、心的外傷後ストレス障害 (PTSD: PostTraumatic Stress Disorder) の原因ともなり、軍・法執行機関の前線に従事する人々にとって、依然として重大な問題となっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop