NEWS

「世界で唯一飛行可能な個人所有のF-4ファントム」が一般販売に。価格は約4.2億円也

海外軍事 Comments(0)

Photo from Platinum Fighter Sales
実際に飛行を可能とする『ファントムII(Phantom II)』戦闘機が、このほど一般販売され、大きな話題となっている。
売りに出ているのは、1959製マクドネル(McDonnell)F4H-1F ファントムII(S/N: 150310 N815WF)。米カリフォルニア州レドンドビーチに本社を置く、クラッシック戦闘機のブローカー、「プラチナム・ファイター・セールス(Platinum Fighter Sales)」社がその販売を手掛けており、395万ドル(=約4.2億円)の値札が示されている。

これまでの総飛行時間(TTSN: Total Time Since New)は461時間となるも、すべてのコンポーネントが「0時間」状態にオーバーホールされている。また現在までに85%ほどの修復を終えているとのこと。

プラチナム社は特別販売ページの中で、「世界で唯一飛行可能な個人所有のF-4ファントムだ」と触れ込んでいる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop