ポーランド生まれの新迷彩「MAPA」が、森林地での作戦や市街地のポリスに向けたバリエーションを展開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from MAPA
ポーランド生まれの新型迷彩「MAPA(Map in Polish)」が、現在開発を進めている複数のバリエーションを紹介した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    MAPAは、ポーランド北部、バルト海に面したグダニスクで、デザイン・美術を専攻している博士課程の学生、Maciej Dojlitko氏によって開発された迷彩パターン。ポーランドの植生や戦域となり得る環境などを考慮した上で開発が進められている。

    Photo from specshop.pl
    国内の装備ショップ、スペックショップが2012年10月に紹介したこちらの写真では、ドメスティック・タクティカルブランド「スペックオプス(SPECOPS)」製のユニフォーム「MBS-2」に、MAPAファブリックを使用している。茶系カラーと緑の配合バランス、そして奥行き・立体感のある特徴的なその迷彩表現が、山林の植生と見事なマッチングを引き出している様子が分かる。この写真からは、日本の山間部における植生とマッチしそうな雰囲気がある。


    Photo from MAPA
    現在MAPAは中央ヨーロッパの森林地帯で最も有効な迷彩を導き出すために、様々なバリエーションをテストしているようだ。また、市街地での利用やポリスなど法執行機関向けに特化したバリエーションの開発も進行しているとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop