NEWS

あらゆる電源からバッテリーを充電できるパワーマネージャー「SPM-622」

海外軍事

Photo from Protonex
現代の歩兵は通信機に始まりナイトビジョン、ウェポンライト、ラップトップPC、ラジコン式UAV……など様々な電子機器を携帯している。これらのバッテリーは重く、かさばる上に機器間での統一が進んでいない。Protonex社のパワーマネージャー「SPM-622」はこうした問題を軽減するためのものだ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    SPM-622はあらゆる電源を変換し電子機器に給電できる。各国のコンセントはもちろん、廃棄された車両のバッテリーや携帯式太陽電池パネルなど供給源を選ばず変換可能となっている。

    Photo from Protonex

    こちらは同社の紹介動画。
    Protonex - SPM-622 - Reducing the Weight - YouTube

    変換ケーブル等を一式にしたProtonex社の「Special Forces Roll Kit」

    Photo from Protonex

    本体・コネクターとも防水・防塵であり、タフな環境でも問題なく使用できる。

    Photo from Protonex

    特殊部隊などは負傷した際、すぐに後方に送致されるような環境にない場合が多い。そうした前線での医療の高度化、いわゆる「Prolonged Field Care(PFC)」の開発が進んでおり、それに伴って使用する機器も高度化しつつある。電力の確保は、まさしく命に関わる問題である。

    参考:医療系ギアを開発するチヌーク・メディカル・ギア社にみるアメリカでの装備事情 - ミリブロReport

    Source: Protonex | A Ballard Smart Energy Company

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201707
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ
    米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか
    H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
    FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開
    MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」
    米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ (2017-07-21 15:25)
     米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか (2017-07-21 13:15)
     H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 (2017-07-20 18:57)
     FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開 (2017-07-20 18:36)
     MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」 (2017-07-20 12:42)
     米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入 (2017-07-19 19:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop