NEWS

A-10C攻撃機が退役した場合、直ちに「攻撃管制」「戦闘捜索救難」に穴があく。米シンクタンク評価レポート

海外軍事

U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Dillian Bamman/Released
Representational photo.
米国のシンクタンク、ランド(RAND: Research ANd Development)研究所が、2016年度における国防授権法(NDAA: National Defense Authorization Act)の議会指令に準拠し、A-10C攻撃機に割り当てられた任務範囲の評価を終えた。

関連記事:
ダーイッシュ (IS) 討伐作戦でおびただしい戦歴を提示、戦闘ディプロイメントから帰還した A-10C の写真が話題に

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    それによると、ランド研究所は、A-10C攻撃機が退役した場合、①近接航空支援(CAS: Close Air Support)、②前線航空管制・空挺(FAC(A): Forward Air Control (Airborne))、③航空阻止(INT: Air Interdiction)、④攻撃管制・偵察、⑤戦闘捜索救難(CSAR: Combat Search And Rescue)という同機が請け負う5つの任務において、昨今の情勢から極めてレアケースながらも、②前線航空管制(空挺)および⑤戦闘捜索救難の2つは、直ちに最も影響を受けるものだと結論付けている。

    評価内容の詳細は下記リンク先より閲覧可能となっている。

    Needs, Effectiveness, and Gap Assessment for Key A-10C Missions - RAND Corporation

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop