NEWS

A-10C攻撃機が退役した場合、直ちに「攻撃管制」「戦闘捜索救難」に穴があく。米シンクタンク評価レポート

海外軍事

U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Dillian Bamman/Released
Representational photo.
米国のシンクタンク、ランド(RAND: Research ANd Development)研究所が、2016年度における国防授権法(NDAA: National Defense Authorization Act)の議会指令に準拠し、A-10C攻撃機に割り当てられた任務範囲の評価を終えた。

関連記事:
ダーイッシュ (IS) 討伐作戦でおびただしい戦歴を提示、戦闘ディプロイメントから帰還した A-10C の写真が話題に

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    それによると、ランド研究所は、A-10C攻撃機が退役した場合、①近接航空支援(CAS: Close Air Support)、②前線航空管制・空挺(FAC(A): Forward Air Control (Airborne))、③航空阻止(INT: Air Interdiction)、④攻撃管制・偵察、⑤戦闘捜索救難(CSAR: Combat Search And Rescue)という同機が請け負う5つの任務において、昨今の情勢から極めてレアケースながらも、②前線航空管制(空挺)および⑤戦闘捜索救難の2つは、直ちに最も影響を受けるものだと結論付けている。

    評価内容の詳細は下記リンク先より閲覧可能となっている。

    Needs, Effectiveness, and Gap Assessment for Key A-10C Missions - RAND Corporation

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop