NEWS

ロシア国営軍事関連企業グループ「ロステク (Rostec) 」が描く特殊部隊装備のコンセプト映像

海外軍事
ロシアの特殊部隊における将来の個人戦闘装備のイメージが、7 月 11 日に国営軍事関連企業グループ「ロステク (Rostec) 」の投稿した PV に含まれていた。
「科学技術の向上に伴うヒトの能力拡大」を謳ったこの PV、後半箇所 (2 分 44 秒付近) からそのシーンが確認できる。

カマズ (KamAZ) 製タイフーン-K とみられる装甲兵員輸送車から次々と降りてくる特殊部隊員。全身黒の装備に身を包んだ彼らの装備について、ネット上では「リキッドアーマー技術を使っているのか?」といったコメントの他、「所詮は CG で作った映像に過ぎない」「この (ビデオ) ゲームはいつ買えるんだ?」というメッセージも投稿され、注目を集めていることが窺える。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2007 年 11 月 23 日、ロステクは、ハイテク産業の強化・発展を軸として国防産業の再建を目指すウラジーミル・プーチン (Vladimir Putin) 大統領により、元 KGB で連邦国家単独企業「ロシア国防輸出 (ROE: Rosoboronexport) 」の社長だったセルゲイ・チェメゾフ (Sergei Chemezov) 氏を参謀に据えて創設。現在までに「コンツェルン・カラシニコフ」「ロシア・ヘリコプター」など 15 の持ち株会社を傘下に収めている。

    ロステクは、ロシア語で「ロステクノロギー («Ростехнологии») 」であり、その正式名称は「ハイテク工業製品の開発・生産・輸出助成国家コーポレーション」とされるが、2014 年 7 月に現在の「ロステク («Ростех») 」に改称している。(ロシア NIS 調査月報 2015 年 12 月号より)

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop