NEWS

ロシア国営軍事関連企業グループ「ロステク (Rostec) 」が描く特殊部隊装備のコンセプト映像

海外軍事
ロシアの特殊部隊における将来の個人戦闘装備のイメージが、7 月 11 日に国営軍事関連企業グループ「ロステク (Rostec) 」の投稿した PV に含まれていた。
「科学技術の向上に伴うヒトの能力拡大」を謳ったこの PV、後半箇所 (2 分 44 秒付近) からそのシーンが確認できる。

カマズ (KamAZ) 製タイフーン-K とみられる装甲兵員輸送車から次々と降りてくる特殊部隊員。全身黒の装備に身を包んだ彼らの装備について、ネット上では「リキッドアーマー技術を使っているのか?」といったコメントの他、「所詮は CG で作った映像に過ぎない」「この (ビデオ) ゲームはいつ買えるんだ?」というメッセージも投稿され、注目を集めていることが窺える。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2007 年 11 月 23 日、ロステクは、ハイテク産業の強化・発展を軸として国防産業の再建を目指すウラジーミル・プーチン (Vladimir Putin) 大統領により、元 KGB で連邦国家単独企業「ロシア国防輸出 (ROE: Rosoboronexport) 」の社長だったセルゲイ・チェメゾフ (Sergei Chemezov) 氏を参謀に据えて創設。現在までに「コンツェルン・カラシニコフ」「ロシア・ヘリコプター」など 15 の持ち株会社を傘下に収めている。

    ロステクは、ロシア語で「ロステクノロギー («Ростехнологии») 」であり、その正式名称は「ハイテク工業製品の開発・生産・輸出助成国家コーポレーション」とされるが、2014 年 7 月に現在の「ロステク («Ростех») 」に改称している。(ロシア NIS 調査月報 2015 年 12 月号より)

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop