NEWS

ロシア国防省がカラシニコフ・コンツェルンのAK-12とAK-15自動小銃を制式採用

海外軍事 Comments(0)

Photo from Kalashinkov
揺れに揺れていたロシア軍の新制式採用小銃について、カラシニコフ・コンツェルンは国防省に自社の自動小銃AK-12とAK-15が採用されたと発表、ロシア国内の報道機関もこれを確認した。
AK-12とAK-15はロシア軍兵士の個人装備刷新計画「Ratnik」の一部として、2011年から当時のイズマッシュ社で開発が開始された。2015年に選定委員会の審査に合格した際に操作性・生産性向上のための改修を受け、2016年には部隊に配備されてのテストが開始。2017年にテストが終了し採用に至った。

関連記事:
ロシア軍の混乱続く新型制式小銃採用計画が「4種類すべてを採用」で決着か


Photo from Kalashinkov

伸縮・折りたたみストックにより可搬性も高い。

Photo from Kalashinkov

AK-12/AK-15のメカニズムはAK-47、AK-74の定評あるメカニズムを踏襲したものであるが、バレルがフリーフロートになり命中精度が向上した。またセレクターに追加の指かけが設けられたり、アクセサリー装着用のピカティニーレールが装着されるなど、エルゴノミクスは大いに向上している。

ハンドガードはレシーバーによって保持され、バレルに接触することがない。

Photo from Kalashinkov

内部メカニズムはAK-47/74のものを踏襲している。

Photo from Kalashinkov

5.45x39mm弾を使用するAK-12と7.62x39mm弾のAK-15、両方を開発した背景として、カラシニコフ社は「5.45mmでは有効なサブソニック弾を開発することができなかったため」としている。7.62x39mmは第二次世界大戦末期から現在に至るまで使用されており、未だ潤沢な備蓄を活用するという目的もあるだろう。カラシニコフ社は「西側でも.300AACのような(7.62mmの)弾薬がポピュラーになりつつあり、このアプローチの正しさを示している」と強調している。

ピカティニーレールによって拡張性は大幅に向上。アンダーバレルマウントのグレネードランチャーも装着可能である。

Photo from Kalashinkov

Source: Kalashnikov AK-12 and AK-15 assault rifles officially approved by Russian MoD - Kalashnikov Media

Автоматы АК-12 и АК-15 | VK

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop