NEWS

ロシアの新型拳銃「ウダフ」が2016年にトライアルを終了し制式採用へ

海外軍事 Comments(0)
ロシアでは、アーセナル社の「ストリージ」やカラシニコフ社の「PL-14」など、政府機関での採用を狙った近代的なモデルの発表が続いているが、先日フランスで行われた兵器見本市ユーロサトリにおいて、関係者がロシアの新型拳銃「ウダフ(大蛇の意)」のトライアルが2016年中に終了し、試験採用が始まる見込みであるとコメントした。
ウダフ(Udav)は静音自動小銃「AS Val」の製造元であるロシア精密機械製造科学研究所(TsNIITochMash)が開発した大型拳銃。詳細は明らかになっていないが、同社のSR-1M Vektorをベースに開発され、同じ9×21mm弾を使用するものと思われる。

ベースとなったSR-1M Vektor

ウダフが加わると、9×18mmを使用するマカロフ拳銃、9×19mmを使用するMP-443と合わせて、3つの拳銃用弾薬が並行して使用されることになる。ロシアの拳銃採用計画はかなり複雑な事情を抱えているようだ。

Eurosatory 2016: Russian Udav pistol to finish state trials by late 2016 | IHS Jane's 360
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201607
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop