NEWS

ロシアの新型拳銃「ウダフ」が2016年にトライアルを終了し制式採用へ

海外軍事
ロシアでは、アーセナル社の「ストリージ」やカラシニコフ社の「PL-14」など、政府機関での採用を狙った近代的なモデルの発表が続いているが、先日フランスで行われた兵器見本市ユーロサトリにおいて、関係者がロシアの新型拳銃「ウダフ(大蛇の意)」のトライアルが2016年中に終了し、試験採用が始まる見込みであるとコメントした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ウダフ(Udav)は静音自動小銃「AS Val」の製造元であるロシア精密機械製造科学研究所(TsNIITochMash)が開発した大型拳銃。詳細は明らかになっていないが、同社のSR-1M Vektorをベースに開発され、同じ9×21mm弾を使用するものと思われる。

    ベースとなったSR-1M Vektor

    ウダフが加わると、9×18mmを使用するマカロフ拳銃、9×19mmを使用するMP-443と合わせて、3つの拳銃用弾薬が並行して使用されることになる。ロシアの拳銃採用計画はかなり複雑な事情を抱えているようだ。

    Eurosatory 2016: Russian Udav pistol to finish state trials by late 2016 | IHS Jane's 360
    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201607
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ
    過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ (2017-11-20 19:59)
     過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」 (2017-11-20 19:09)
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop