NEWS

ロシアの新型拳銃「ウダフ」が2016年にトライアルを終了し制式採用へ

海外軍事
ロシアでは、アーセナル社の「ストリージ」やカラシニコフ社の「PL-14」など、政府機関での採用を狙った近代的なモデルの発表が続いているが、先日フランスで行われた兵器見本市ユーロサトリにおいて、関係者がロシアの新型拳銃「ウダフ(大蛇の意)」のトライアルが2016年中に終了し、試験採用が始まる見込みであるとコメントした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ウダフ(Udav)は静音自動小銃「AS Val」の製造元であるロシア精密機械製造科学研究所(TsNIITochMash)が開発した大型拳銃。詳細は明らかになっていないが、同社のSR-1M Vektorをベースに開発され、同じ9×21mm弾を使用するものと思われる。

    ベースとなったSR-1M Vektor

    ウダフが加わると、9×18mmを使用するマカロフ拳銃、9×19mmを使用するMP-443と合わせて、3つの拳銃用弾薬が並行して使用されることになる。ロシアの拳銃採用計画はかなり複雑な事情を抱えているようだ。

    Eurosatory 2016: Russian Udav pistol to finish state trials by late 2016 | IHS Jane's 360
    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201607
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop