NEWS

アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除

海外軍事 Comments(0)

Photo by Master Sgt. Keith Brown
This photo is for illustrative purposes only.
英陸軍特殊部隊「SAS(Special Air Service)」の精鋭隊員が今年3月、アフガニスタン東部の対テロ作戦実行のため展開。「羊飼い」に扮して襲撃するという、映画さながらの大胆な作戦を成功裏に収めていたことが分かった。
SASの英雄的活躍についてそのプロパガンダ報道を得意とし、定期配信中の国内タブロイド「デイリースター」をソースとして拡散されている。

関連記事:
英軍特殊部隊「SAS」が女性伝統衣装「ブルカ」を着用してダーイッシュ (IS) の本拠地ラッカ襲撃作戦を決行
作戦に参加したSASの隊員は10名以上。ターゲットは軍・警察関係機関を相手に襲撃活動を繰り返している「イスラム国ホラサン(IS-K: Islamic State Khorasan)」の武装テロリスト。その多くは外国人で構成されていたようだ。

SASの隊員らは、羊を売りさばきに来た現地民の格好に扮し、首尾よく敵に気付かれぬよう侵入。その後、武装したテロリスト目掛けて銃弾を浴びせたという。銃撃は3時間に渡って続き、20名ほどの敵排除に成功していると伝えられている。

作戦には、米軍特殊部隊とアフガニスタン軍のコマンドー部隊が協力しており、SAS一行を追撃するテロリストの魔の手が近付いた際には、武装ドローンによる近接航空支援がおこなわれた由。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop