NEWS

アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除

海外軍事

Photo by Master Sgt. Keith Brown
This photo is for illustrative purposes only.
英陸軍特殊部隊「SAS(Special Air Service)」の精鋭隊員が今年3月、アフガニスタン東部の対テロ作戦実行のため展開。「羊飼い」に扮して襲撃するという、映画さながらの大胆な作戦を成功裏に収めていたことが分かった。
SASの英雄的活躍についてそのプロパガンダ報道を得意とし、定期配信中の国内タブロイド「デイリースター」をソースとして拡散されている。

関連記事:
英軍特殊部隊「SAS」が女性伝統衣装「ブルカ」を着用してダーイッシュ (IS) の本拠地ラッカ襲撃作戦を決行

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    作戦に参加したSASの隊員は10名以上。ターゲットは軍・警察関係機関を相手に襲撃活動を繰り返している「イスラム国ホラサン(IS-K: Islamic State Khorasan)」の武装テロリスト。その多くは外国人で構成されていたようだ。

    SASの隊員らは、羊を売りさばきに来た現地民の格好に扮し、首尾よく敵に気付かれぬよう侵入。その後、武装したテロリスト目掛けて銃弾を浴びせたという。銃撃は3時間に渡って続き、20名ほどの敵排除に成功していると伝えられている。

    作戦には、米軍特殊部隊とアフガニスタン軍のコマンドー部隊が協力しており、SAS一行を追撃するテロリストの魔の手が近付いた際には、武装ドローンによる近接航空支援がおこなわれた由。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop