NEWS

人知れず、敵の裏をつく―。米国製「ステルスバイク」を英軍特殊部隊SAS/SBSが利用

海外軍事

Photo from Zero Motorcycles
騒音も無く、熱を排出せず、燃料調達の心配も無い―。まさに対テロ特殊部隊の偵察・侵入作戦に打ってつけの軍用バイクが、英軍特殊部隊SAS・SBSにも配備が進んでいるようだ。英国のタブロイド紙が伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    この「ステルス・バイク」は、米国カリフォルニアに本社を置くゼロ・モーターサイクル社(Zero Motorcycles, Inc.)製の電動バイク。同社のステルスバイクについては既報の通り、米軍特殊部隊向けに開発されたもの。

    関連記事:
    米軍特殊部隊、ステルス・バイク「Zero MMX」を試験中


    Photo from Zero Motorcycles
    なお、英タブロイド紙ではこのことについても触れており「既に米海軍特殊部隊SEALや同陸軍特殊部隊デルタフォースによって中東で使用されている」と紹介している。

    バイク自体はSAS・SBSでも四半世紀に渡って利用されており、もちろん、最近のシリア最前線でも使われているが、ステルスバイクには、リチウムバッテリー搭載とソーラー充電対応によって、長期ディプロイメントでも運用可能という利点を持つ。可視光ライトの替わりにIRライトを照射し、ライダーがナイトビジョンゴーグルを使えば、夜間では完全に人知れず、敵の裏をつくことができるようになるだろう。


    Photo from Zero Motorcycles


    Photo from Zero Motorcycles
    なおメーカーによると、「4,300rpmで回転するブラシレスモーターを搭載した密閉型エンジンは、メンテナンスを一切必要無としない」とのことで、峻険(しゅんけん)な場所でも使えるよう、従来のバイク以上にコーナーを正確に曲がり、鋭い加速に寄与する軽量な航空機規格のアルミニウム製フレームを使用していることが明かされている。


    Photo from Zero Motorcycles


    Photo from Zero Motorcycles
    また、万一の事態にも備えており、被弾もしくは爆弾により飛散した破片が当たった場合でも、エンジンは新設計の「ダイレクト・フィット・パック」によって極めて容易に取り換えが可能となっている。従来は、空輸した後にも燃料やスペアパーツを必要としたが、今回のステルスバイクではその必要が無く、完全にそのリスクを排除できるとしている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop