NEWS

シグ・サワー社が米陸軍の MHS 選定のレースに勝利を宣言

海外軍事

Photo from SIG Sauer
既報の通り、米陸軍が、1980 年代中盤より現在に至るまで使用を続けてきた M9 ピストルのリプレイスを掲げた XM17 MHS (Modular Handgun System) 計画の選定事業者として、シグ・サワー社 (Sig Sauer Inc.,) を選出し、同社の P320 ピストルをベースとした提案が勝利した。

関連記事:
米陸軍の次期制式ピストル (MHS) にシグ・サワー社の SIG P320 が選定

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    国防総省の発表に続き、先ほどシグ・サワー社がプレスリリースを発表。長きに渡って繰り広げられたレースの勝利宣言がおこなわれた。そしてその発表資料の中には、勝利に導いた提案ピストルと思われる 1 枚の写真が添えられている。

    SIG P320 勝利の一報を詳しく紹介している米国メディア、ソルジャー・システムズ・デイリーは、2014 年度の陸軍協議会 (AUSA: Association of the United States Army) での情報を掘り起こし、シグ・サワー社が市販の P320 をベースとして、陸軍の要求に準拠するためにおこなった当時の仕様変更の内容を紹介している。それによると、タンカラーの指定やアンビ式安全機構の実装などの項目が挙げられている。


    左:選定提案用とみられる P320、右:市販モデルの FDE コンパクトモデル
    P320 は、2014 年にリリースされて以降、米国内外のマーケットにおいて広く実績を持つ、ポリマー製のストライカー方式ピストル。交換可能なグリップモジュールを備えた初のモジュラーピストルであり、射手によってフレームサイズと弾薬口径を調整することができる特徴を持つ。

    全てのピストルは、ニューハンプシャー州の同社施設で生産されるとのことで、MHS 計画では、フルサイズとコンパクトモデルの両方を 10 年以上に渡って供給することになる。また、全てのピストルは、サイレンサーを備えることができ、標準弾数および拡張型のマガジンの両方を含むことになる。

    なお、銃器専門サイトのリコイルによると、レースはシグ・サワー社とグロック社による一騎打ちとなっていたとする、興味深い噂が掲載されている。

    シグ・サワー社は今後、280,000 挺のフルサイズ版と、7,000 挺のサブコンパクト版の他、陸軍以外の軍機関から 212,000 挺の追加発注を受ける可能性がある。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英海兵隊が「スナイパー」にフォーカスを当てた映像を公開
    イスラエルACS社製「トリガー・ポーチ」は、従来品よりも6倍素早くグレネードを投擲でき、信頼性・耐久性も高い
    米海軍特殊部隊ST6が「ヘイローヘッドセット」を試験中
    クルド保健省がエナジードリンク「ワイルド・タイガー」の販売禁止を発表
    米陸軍が新しいエネルギー源を発見か?
    「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英海兵隊が「スナイパー」にフォーカスを当てた映像を公開 (2017-08-24 17:30)
     イスラエルACS社製「トリガー・ポーチ」は、従来品よりも6倍素早くグレネードを投擲でき、信頼性・耐久性も高い (2017-08-24 15:59)
     米海軍特殊部隊ST6が「ヘイローヘッドセット」を試験中 (2017-08-24 12:37)
     クルド保健省がエナジードリンク「ワイルド・タイガー」の販売禁止を発表 (2017-08-24 11:47)
     米陸軍が新しいエネルギー源を発見か? (2017-08-23 19:17)
     「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催 (2017-08-23 19:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop