NEWS

フランスGIGNがHK416をリプレイスし、7.62mm仕様のCZ Bren2アサルトライフルを購入

海外軍事

Photo from Gendarmerie nationale
フランス国家憲兵隊治安介入部隊「GIGN(Groupe d'intervention de la gendarmerie nationale)」が、今年初めに、チェコのCZ(Ceska Zbrojovka)社に対して「ブレン2(Bren 2)」アサルトライフルの初期オーダー×68挺を発注していたことが分かった。軍事情報サイトのシェファードが伝えている。

関連記事:
フランス国家憲兵隊介入部隊「GIGN」の訓練&実戦映像集
シェファードによると、現在運用中のヘッケラーアンドコッホ製アサルトライフル、HK416の大半を置き換えることを目指したもので、近い将来に追加調達が予定されているという。


Photo: CZ Bren2 5.56mm assault rifle
This photo is for illustration purposes only.
GIGNが採用を決めたのは、7.62x39mm仕様のブレン2。パリ同時多発テロ事件の影響を色濃く受けたもので、防弾装備を用意したテロリストを想定した場合、9mmピストルや5.56㎜ライフルでは役不足にあると判断したようだ。一方、7.62㎜はうってつけだと思われたものの、近接格闘(CQC: Close-Quarter Combat)環境下においては、重く嵩張ることに懸念を抱いていたことも明かされている。

そうした経緯を踏まえて出されたCZからの提案は、評価過程の中で出遅れて提出されていたにも関わらず、好評を博したことが伝えられている。その結果、採用が決まったのは、コンパクトな9インチバレル仕様になるとのことで、サプレッサーに対応する新型のフラッシュハイダーの付属も伝えられている。


Photo: CZ P-10 C pistol
またシェファードは、CZブレン2は、先のフランス軍制式採用小銃選定(AIF: Arme Individuelle Future)に参加する為に、CZ805 Bren S1から開発されたものであったが、出遅れたことによって参加できなかったといった過程や、ブレン2と併せてP-10ピストルをGIGNに対して売り込んでいるといった状況も報じている。

なお、フランス軍制式採用小銃選定に参加できなかったCZだったが、その後もブレン2の開発を継続し、その5.56㎜バージョンは母国チェコの陸軍によって採用されている

関連記事:
チェコ陸軍が「CZ 806 Bren 2」アサルトライフルの納入第一陣を受領。今月中に 2,600 挺が完納予定

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop