大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

A screenshot from Remington Outdoor
世界最大手の格付け機関として知られる「S&Pグローバル・レーティング(Standard & Poor's Global Ratings)」において、米国の大手銃器メーカーである「レミントン社(Remington Outdoor Company, Inc.)」の格付けが、2段階引き下げられ「CCC-」となっていたことが分かった。ペンシルベニア州フィラデルフィアのタブロイド紙が伝えている。


Logo: Standard & Poor's Global Ratings
レミントン社は米国で2番目に大きな銃器製造事業者。「CCC」に格付けされた発行体は経営基盤が脆弱であり「投機的要素が強い」と見なされ、債務不履行の危険を伴うとされる。

A screenshot from Remington Outdoor
レミントン社は今年1月以来、国内における銃器需要の軟調傾向を背景にその業績を落としており、売れ残りの製品が不良在庫と化し、経営状況を圧迫してきた。傘下には、パンサーアームズ(DPMS)、アドバンスド・アーマメント・コープ(AAC: Advanced Armament Corp)、ブッシュマスター・ファイアーアームズ(Bushmaster Firearms)、タプコ(TAPCO)などの有力ブランドを抱えている。

S&Pはそのレポートの中で、来年度までに無活動制御、破産またはデフォルト(債務不履行)に陥る可能性を指摘。5億7,500万ドル(=約647億円)の優先担保付ローンと流動資産担保融資保証が2019年に償還を迎えることからリストラ(組織再編)の危険が高まると予測している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop