韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
個人用火器としては最大レベルの.50口径の対物狙撃銃を韓国のS&T Motiv社が開発している。S&T Motiv社は、韓国軍の制式小銃K2の開発・製造で知られる大宇精密工業が破綻後、S&Tホールディングス社に買収されてできたもので、現在は大宇から韓国軍の小火器の製造を引き継いでいる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    新型対物狙撃銃はボルトアクション式で重さ約12~14Kg。いまのところ弾倉式ではなく、1発ずつ手で給弾する方式になっている。アッパーレシーバー上部のピカティニーレールは約30cmほどで、光学照準器の他に暗視装置などを搭載するのに十分なサイズがありそうだ。

    人物との比較から、標準的なライフルのサイズに収まっていることが分かる。どのような用途を想定しているのかはまだ不明であるが、軍事見本市ADEX 2017で展示されていたことから、あるいは輸出用として開発されている可能性もある。

    Source: South Korea's First Anti-Material Rifle at ADEX 2017 - The Firearm BlogThe Firearm Blog

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop