NEWS

同日近郊で米警察パトカーが車上荒らしの被害に。ショートバレル仕様の AR-15 が行方不明に

海外軍事
先日お伝えした、米警察の覆面パトカーからUMP45 サブマシンガンが盗み出された事件の同じ週末に、同じくフロリダ州内で警察のパトカーが車上荒らしの被害に遭い、車内から武器が盗まれる事件が発生していたことが分かった。

関連記事:
米警察の覆面パトカーが盗難被害。UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジン等が行方不明

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    事件の舞台となったのは、同州の中央に位置するタベアズ。28 日 (土)、タベアズ署の警察官がパトカーに乗って帰宅。一般車道から自宅の車庫に通じる私設道に駐車していた。

    翌 29 日 (日) に起床し、車輌に戻ったところ窓が割られていたのを確認。犯人は、車内にあったガンロッカーをこじ開け、中から AR ライフルを盗み出していた。

    地元紙オーランド・センチネルによると、被害を受けたパトカーは、自宅正面玄関のすぐ隣に駐車していたことから、物音などを考慮すれば、かなり大胆な犯行であったことが報じられている。


    Photo via Eustis Police Department
    盗まれたのは、ショートバレル仕様の AR-15 であることが発表されており、同紙ではタベアズ警察と連携して捜索に当たっている、隣接のユースティス警察提供の写真を掲載し、情報提供を呼び掛けている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop