NEWS

同日近郊で米警察パトカーが車上荒らしの被害に。ショートバレル仕様の AR-15 が行方不明に

海外軍事
先日お伝えした、米警察の覆面パトカーからUMP45 サブマシンガンが盗み出された事件の同じ週末に、同じくフロリダ州内で警察のパトカーが車上荒らしの被害に遭い、車内から武器が盗まれる事件が発生していたことが分かった。

関連記事:
米警察の覆面パトカーが盗難被害。UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジン等が行方不明

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    事件の舞台となったのは、同州の中央に位置するタベアズ。28 日 (土)、タベアズ署の警察官がパトカーに乗って帰宅。一般車道から自宅の車庫に通じる私設道に駐車していた。

    翌 29 日 (日) に起床し、車輌に戻ったところ窓が割られていたのを確認。犯人は、車内にあったガンロッカーをこじ開け、中から AR ライフルを盗み出していた。

    地元紙オーランド・センチネルによると、被害を受けたパトカーは、自宅正面玄関のすぐ隣に駐車していたことから、物音などを考慮すれば、かなり大胆な犯行であったことが報じられている。


    Photo via Eustis Police Department
    盗まれたのは、ショートバレル仕様の AR-15 であることが発表されており、同紙ではタベアズ警察と連携して捜索に当たっている、隣接のユースティス警察提供の写真を掲載し、情報提供を呼び掛けている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop