NEWS

米DARPAが細胞の活動を抑制して負傷者の延命を図る技術の共同研究者を募集中

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: Navy Mass Communication Specialist 2nd Class Summer M. Anderson
This photo is for illustration purposes only.
戦場での負傷者が助かるかどうかは「ゴールデンアワー」と呼ばれる負傷後のわずかな時間にかかっている。この間に生命機能の維持を行い後送するわけだが、危険区域では迅速な対応が行なえず、間に合わないこともある。それではこのゴールデンアワーを延長することができないか……アメリカ国防総省の研究機関、DARPAが、いわば細胞の時間を止める技術の研究にパートナーを募集している。

参考:元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 - ミリブロNews
医療系ギアを開発するチヌーク・メディカル・ギア社にみるアメリカでの装備事情 - ミリブロReport
分子生物学的には生命というのは継続的な化学反応であると言える。負傷するとこの化学反応に必要な物質が供給されずに飢えてしまったり、あるいは複数の反応の間でバランスが崩れ、結果として活動が停止するということが起こる。

こうした化学反応はタンパク質などの巨大な分子を触媒として行われているが、DARPAはここに何らかの方法で干渉することで細胞の活動をコントロールし、一部の両生類やクマムシのような「冬眠状態」を人工的に作り出したり、あるいは復旧させたりすることで、ゴールデンアワーを延長することを考えているようだ。。
細胞活動の抑制と復旧を時計で表現するDARPAのイメージ。薬剤の注射でコントロールするようだが、まったく違う方法であるかもしれない。

Image from DARPA

これまで軍では様々な救護技術の開発や、あるいはMEDEVAC・CASEVACを迅速に行う輸送技術に投資してきた。今回のDARPAの研究が実を結べば、まったく違う側面から救護システムに光を当て、強化するものになるだろう。

Source: Slowing Biological Time to Extend the Golden Hour for Lifesaving Treatment
Biostasis Webinar - DARPA-SN-18-36 - Federal Business Opportunities: Opportunities

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201803
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop