システマ (Systema) 製「リコイルショック機構」搭載モデルか。実動映像がネットに投稿

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

インターネット上に、リコイルショック機構が搭載されるシステマ (Systema) 製最新型トレポンのものとする、フルオート実動映像が投稿された。

関連記事:
SYSTEMA P.T.W. に「リコイルモデル」が新発売
日本での発売がもう間も無くとあって、待ち望まれているこのトレポンは、ほぼ「モデルチェンジ」に近い内容で実現する。この激しい反動を生み出し、生命線ともなる新機構「リコイルショックユニット (PAT. Pend.) 」について同社は、製品紹介パンフレットに以下のように記載している。

従来のリコイルシステムは、リコイルショックを生み出すウェイトの後方にバッファースプリングを配する構造が主流でした。

しかしながら、銃本体の動作に起因するウェイトの慣性力は、バッファースプリングに一旦は蓄積され、その後スプリングの反発力によって、前方への衝撃力として一つの工程を完結します。
これはガスブローバックの銃とて同様であり、慣性力が大きなフルオート射撃では、銃全体が前方へ引っ張られるような違和感を感じました。

そこで、リコイル用のウェイトをピストンとは逆方向、つまり銃の前方へ移動させ、同時にスプリングを圧縮し、ピストンとの連結が絶たれると、銃後方へ一気に復帰させるシステムを製作しました。

自動車のバックギアを連想してください。

前進のためのギアの配列に、一つのギアを追加することで全体の回転方向を逆にしています。二つのラックギアを平行に配置し、その間に堅牢に支持された一つのピニオンギアを噛み合わせます。すると、前述のようにピストンの後退する動きは、ウェイトの前方への動きに変換され、ストックチューブの前方に配置されたバッファースプリングを圧縮するのです。

ピストンの後退運動が終了すると、リコイルウェイトよりも遥かに軽量で、バッファースプリングよりも強力なメインスプリングにより、ピストンはシリンダー内の大気を圧縮し、BB 弾を発射します。

続いてやや遅れたタイミングで、バッファースプリングによりウェイトはストックチューブの後端部を強力に打撃し、一回のサイクルが終了します。

動作全体の説明では複雑に感じますが、実際の構成部品は、都合 7 点と極めて少なく、機械的な信頼性は非常に高い構造です。

さらに、重量のあるウェイトを高速移動させるラックギア付きのロッドは、ピストンロッドと同様、銃身線上で移動しますので、偏荷重によるエネルギーロスも少なく効率的なデザインとなっています。



同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop