TROYから空軍用XM177E2「GAU-5A/A」が新製品として発売開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo: TROY GAU-5A/A
ARのカスタムパーツやコンプリートガンで知られるTROYから「GAU-5A/A」が発売されます。

製品リンク:https://myservicerifle.com/product/troy-gau-5aa/

皆さんよくご存じのXM177E2と酷似していますがそれもそのはず、空軍ではM177E2をエアクルーのサバイバル用としてGAU-5A/Aの名称で採用していたのです。

同社からはちょっと前にXM177E2が復刻されましたが、そのバリエーションモデルですね。
ちなみにXM177E2は映画『戦争の犬たち』の冒頭で主人公らが持っていたライフルといえばピンとくる人もいるかも? 固定式キャリングハンドルやアルミ製2ポジションストック、細身のカービンハンドガードは今となっては新鮮に感じます。

Photo: TROY GAU-5A/A
こちら側を見るとロワーにはTROYのマークが。
セレクターのフルオート表記やフルオートシアピンのモールドも見えますがこれはダミー。民間用のセミオートモデルです。

フィンガーチャンネルのないグリップ(通称A1グリップ)も再現。

Photo: TROY GAU-5A/A

バレル長は12.5インチですが4.5インチのマズルデバイスを固定(pinned and welded)してあるため、トータルで17.0インチのバレルとして扱われることに。所持に特別な許可が必要なSBR(ショートバレルライフル)ではなく普通に民間所持が可能となっています。

価格(MARP)は1199~1299USドル。

Photo: TROY GAU-5A/A
なぜ今このモデルが復刻されたのかといえば、ベトナム戦争から50年という意味だけでなく、戦時捕虜・戦闘中行方不明者の家族支援団体(The National League of POW/MIA Families)の活動を支援するためだとか。また、このマズルデバイスがサプレッサーではなくフラッシュハイダーとして認められるようになったためというウワサもあります。

どちらにせよ、現在主流のM4カービンのご先祖様として位置付けられる歴史的なモデル。お好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

Text: 乾宗一郎 - FM201611

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
オフィス・デューク主催ヒストリカルキャンプイベント「続々・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」
『ショットショージャパン2018 Special9』搬入日速報
FK.Industryから3Dプリンター製『VHS-2』電動ガンが新発売
まさにサバゲー用!? スーツなのに動きやすく快適な『WORK WEAR SUIT』が新発売
トラヴィス・ヘイリー(Travis Haley)がサバイバルゲームをプレイ
TMCからヘルメットと接合するデザインフェイスマスク 『G TIER NONE LT R500』が新発売
 オフィス・デューク主催ヒストリカルキャンプイベント「続々・幻の太平洋戦線 ボリボラレ島攻防戦」 (2018-09-19 11:08)
 『ショットショージャパン2018 Special9』搬入日速報 (2018-09-14 21:01)
 FK.Industryから3Dプリンター製『VHS-2』電動ガンが新発売 (2018-09-14 14:19)
 まさにサバゲー用!? スーツなのに動きやすく快適な『WORK WEAR SUIT』が新発売 (2018-09-14 13:13)
 トラヴィス・ヘイリー(Travis Haley)がサバイバルゲームをプレイ (2018-09-13 13:33)
 TMCからヘルメットと接合するデザインフェイスマスク 『G TIER NONE LT R500』が新発売 (2018-09-13 11:40)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop