NEWS

世界各地におけるAK-47(カラシニコフ式小銃)の1挺当たりの価格はオンライン闇市場が最高値

海外軍事
1948年初旬に始まったトライアルを通過し、翌年にソ連陸軍に採用されたAK-47アサルトライフル。製造が容易で、コストが安価に済み、作動の信頼性が高く、操作が簡単であることから、その後、世界中に広がりを見せ、一大ベストセラーのライフルとなった。
米国ワシントンの調査機関、グローバル・フィナンシャル・インテグリティが3月25日に公開した資料、「国境を越えた犯罪と発展途上世界(Transnational Crime and the Developing World)」によると、現在までに少なくとも30ヶ国において、200種類のカラシニコフが生産されているという。

同資料にはまた、世界各地で流通しているAK-47の平均価格を調査したレポートが掲載されていた。それによると、オンラインの闇市場で売買されているものが最も高い値段となっている。

マイケル・ホッジズ(Michael Hodges)氏が記した「AK47 庶民の銃のストーリー(AK47: The Story of The People's Gun)」によると、世界には、実に「2億挺」ものカラシニコフ式小銃が出回っているとのこと。最新の世界人口が約75億人であることから、37.5人に1人の割合でカラシニコフ式小銃を手にしている計算となる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop