NEWS

米陸軍初のスナイパー向けクリップオン式サーマルサイトを N2 イメージング・システムズ社が受注

海外軍事 Comments(0)

Image: Family of Weapons Sights -- Sniper (FWS-S) / PEO Soldier Live
米国防総省は 3 日、カリフォルニア州アーバインに拠点を置く N2 イメージング・システムズ (N2 Imaging Systems) 社との間で、陸軍のスナイパー向けにクリップオン式サーマルサイトの契約を交わしたことを発表した。

関連記事:
夜間作戦でターゲット捕捉能力を向上させる 米陸軍の最新ワイヤレス・ウェポンサイト

Image: Capture screen via N2 Imaging Systems
8,100 万ドル (=約 87 億円) 超の確定価格 (FFP: Fixed Firm Price) でおこなわれた契約案件で、陸軍にとって初めてのスナイパー向けに専用設計されたクリップオン式のサーマルウェポンサイト (FWS-S: Family of Weapons Sights -- Sniper) になる。


Image: Weapon Sights (FWS) / PEO Soldier Live
FWS-S は、従来から使っているスコープなどデイサイトのフロント側にマウントさせるサーマルサイトで、あらゆる光量レベルの環境下において、スナイパーの視認能力を向上させ、精確にターゲットへ狙いを定めることが狙い。

契約の終了日は 2021 年 6 月 2 日に設定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop