NEWS

Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト

海外軍事

Photo from Thermoteknix Systems
先ごろ開催された Army Warfighting Experiment (AWE) 2017において、イギリス軍が新型夜間装備のテストを行った。Thermoteknix Systems社製の複合型ナイトビジョン「FuseIR」とサーマルイメージャー「TiCAM90」だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    FuseIR
    FuseIRは軽量で単三形電池を使用する単眼鏡。

    Photo from Thermoteknix Systems
    ナイトビジョン+サーマルイメージャーという複合システムで、ナイトビジョンモード、サーマルモードはもちろん両者の画像を統合して表示するハイブリッドモードも搭載。

    Photo from Thermoteknix Systems


    Photo from Thermoteknix Systems
    解像感が高く完全な暗闇はもちろん、低照度や建物内、明るい都市環境を含むあらゆる状況でターゲットの検出と識別を可能にするという。

    TiCAM 90
    一方のTiCAM90はコンパクトなサーマルイメージャー。

    Photo from Thermoteknix Systems


    Photo from Thermoteknix Systems
    気象条件を問わず対象を検出することができ、ナイトビジョンが不得手な状況でも鮮明な視野を提供できる。

    Photo from Thermoteknix Systems
    特に市街地などに多い低照度エリアで効果的なパフォーマンスを発揮するとのこと。

    Thermoteknix Systems社は世界的な熱画像処理システムとナイトビジョンシステムのサプライヤであり、同社の「TICO(クリップオン式サーマルイメージャー)」は、5年前よりイギリス軍に納入・使用されている。

    Text: 乾宗一郎 - FM201704

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop