米海兵隊特殊作戦司令部が精鋭「CSO」の獲得を狙ったプロモーション映像『This Is MARSOC』の製作を計画

海外軍事 映画・テレビ Comments(0)

U.S. Marine Corps Photo by Sgt. Scott A. Achtemeier / Released
This photo is for illustration purposes only.
米海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC)が、精鋭『レイダース(Raiders)』隊員の獲得を狙った新たなプロモーション映像の製作に乗り出すことが分かった。
肉体・精神的に極限とも言える過酷な状況の中であっても、適切な判断をおこない超人的なフィジカルパフォーマンスを示す特殊部隊員。陸・海・空・海兵と所属する軍によって課せられる任務の違いはあれども、要求されるその能力が高いことは言うまでもない。

また、『人材こそが資産』という特殊部隊コミュニティーにおける共通原則の下、MARSOCではリクルーティング支援のため年1回のマーケティングおよび広告キャンペーン計画を要求している。

参考:特殊部隊コミュニティーにおける4つの共通認識
・質は量にも勝る
・緊急事態が発生した後から優秀な特殊部隊を創設することはできない
・人材は設備以上に重要
・特殊部隊を量産することはできない

MARSOC - Today will be different

MARSOC | Tactical Driving and Shooting Course

今回の見積依頼書からは、タイトルが『This Is MARSOC』となり「10~15分程度』の映像であることが判明している。なお、この映像はMARSOC内で基準を満たした者がその対象視聴者として設定されている。これは、特殊作戦の現場でその行動部隊の中心になる精鋭『CSO(Critical Skills Operators)』の獲得を狙ったものに他ならない。

関連記事:
人材不足にあえぐMARSOC精鋭レイダース隊員は充足率89%の2,742名。最終兵力を3,100名に設定

なお、請負業者については『国防総省、海兵隊、特殊作戦部隊の映像製作を手掛けたことがある」ことが求められており、そうした経験を『最低でも5年』持つことが求められている。

現在のところ見積依頼書の段階であるためその納品予定日は未設定となっている。また、そもそもMARSOC内でのプロモーション用途となるため、一般の目に触れるようなシロモノかさえも分からないが、観賞できるその日がくることを今からも期待せずにはいられない。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop