【エアガンレビュー】茶色いカスタム416! 東京マルイ「HK416デルタカスタム」レビュー

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連レポート
皆さまこんにちは、あるいはこんばんは。ライターのイヌイでございます。
今回のレビューは東京マルイ期待の新製品である次世代電動ガン「HK416デルタカスタム」です。

次世代電動ガンのHK416といえばフィールドでも1・2を争う人気モデル。
HK416Dを始めとしてDEVGRUカスタムやHK416Cとバリエーションがいくつかありますが、今まですべてがブラックモデルでした。つまり、このデルタカスタムが初の「茶色い416」となります。
このダークアース(タンカラー)のHK416はアメリカ陸軍の特殊部隊・デルタフォースで使用されたといわれるモデルを再現しており、ガイズリータイプのハンドガード+ショートバレルという個性的なルックスが特徴になっています。

昨年の発表から首を長くして待っていた人も多いであろうHK416デルタカスタム。
その詳細はどうなのか、ぜひご覧下さい。

取材協力:ガンショップ FIRST
http://www.first-jp.com/
撮影協力:ガンショップ FIRST東京アメ横店
http://ameyokoten.first-jp.com/
全景
ガイズリータイプのハンドガードは10.5インチ。それとほぼ同寸のインナーバレルは10.5〜11インチのレングスになります。

ノーマルのM4(14.5インチ)より10cmほど短く、取り回しに優れた長さです。
上下のレシーバーやハンドガード、グリップやストックの樹脂パーツなどは微妙に色調を変えており、トータルで5色のダークアースが使われています。

この手の茶色いカービンは、ややもするとドブ漬けしたようなのっぺりとした単色になりがちですが、微妙な色味の差によってうまくアクセントが付けられている思います。

パッケージ
パッケージはこんな感じ。
ブラックのボックスにタンカラーのカービン・・・なかなかかっこいいパッケージですね!

東京マルイ HK416デルタカスタム スペック
・全長:711〜787mm
・インナーバレル:275mm
・重さ:3,365g(オプションレイルx3、マガジン、バッテリー含む)
・バッテリー:SOPMODバッテリー
・装弾数:82 発
・初速:90m/s(0.2g弾:適正HOP)・92m/s(0.2g弾:ノンホップ)
・価格:49,464円(税込み:ファーストさんでの販売価格)
http://www.first-jp.com/items/01/01/01/detail.php?itemcode=0101TMJ00275


各部の紹介
では、各部をアップで見ていきましょう。
まず最大のポイントともいえるガイズリータイプのハンドガード。
左右と下面のレイルスロットがなく、握り込んだ時の感触がスムーズで新鮮です。
ただし、意外と肉厚なのでメチャクチャ軽い!というものではありません。やはりミリタリーユースでは耐久性が重視されますからね。

オプションレイルの取り付け穴やQDスイベルホールにはスチールインサート入り。
実物のガイズリーもこのようになっており、極めて正確に再現しています。
写真左下の変形プラスのネジはハンドガード脱着用。これを外せばハンドガードが前方にスポッと抜ける・・・はずですが、ネジロックがガッチリついていたのか全く緩めることができませんでした(ヒートガンを当ててもダメでした)。

既存の416用分解工具もハマらなかったので、脱着を考えている人はがんばって下さい。

マズルデバイスはシュアファイアタイプ。
アルミ製でシャープな作りです。
ここにワンタッチで装着できる専用サプレッサーとか欲しいところですね。

マニア的に気になるであろうガスブロックはこんな感じ。
本当はハンドガードを外してお見せしたかったのですが、こんな角度のみでスイマセン。
ガイズリーハンドガードに引っかかる「スリングポイントや着剣ラグを削り取った加工痕」はなく、最初からフラットな専用品と行った趣になっています。

専用のオプションレイルは3枚付属します。
3スロットが2枚と7スロットが1枚。
上記のインサートホールにネジ止めで固定します。

アッパーとロワーのレシーバー。
皆さん見慣れた416、というかロワーアッセンブリー(ロワーレシーバー+グリップ+ストック)はDEVGRUカスタムの色違いになります。
セレクター(セフティ)レバーはアンビ仕様。
ダストカバーの明るい茶色がいいアクセントになっていますが、このカバーくらいは樹脂製の現行タイプにしてもよかったのでは?

テイクダウンなどは従来通り。
フロント側のピンだけ抜けば(少し硬いですが)スルッとアッパーが外れ、インナーバレル+HOPチャンバーが後方に引き抜けます。

日常的なメンテナンスであるバレルクリーニングはこの状態で行いましょう。
インナーバレルは275mm。

前後のサイトはフリップアップタイプ。
前後共にナイツタイプですが、リアの方はこの600mタイプよりも300mタイプの方がシックリ来るかもしれません。
フロントサイトが逆付けなのはトップレイルのスロットを有効活用するためだと思います。

ストックは次世代でおなじみのクレーンタイプ。
その使いやすさは皆さんよくご存じでしょう。
そしてバッファーチューブもタンカラー!
ここはブラックでもよかったのに、と思いますが、冒頭に掲出した参考写真ではタンカラーに見えるため、あえてこうしたのだと思います。

そして注目はバッテリー用のシール。
SOPMODバッテリーの黒い部分が気になる人はこれを貼って隠して下さい、という「おもてなしの心」が垣間見えます。

実射テスト
今回はFIRST東京アメ横店さんのレンジをお借りして実射してみました。
ターゲットまでの距離は約10m。
東京マルイの0.2gベアリング研磨弾(プラ弾)を適正HOPにて撃ち込んでみました。
そのグルーピングは約110mm。
上下に散った弾がありますが、これはおそらく箱出し直後の状態だったため。しばらく撃ち込めばこのバラつきは解消するハズです。

既存の次世代416シリーズからすると、この距離なら50〜60mm程度のグルーピングが出ても不思議ではありません。

※カスタマイズサンプル
デルタカスタムということで、参考写真をイメージしてアクセサリを盛ってみました。
写真と全く同じものではありませんが、XPSタイプのホロサイト、PEQ15、M300スカウトライト、フォアグリップなどなど。
アクセサリもタンカラーにしたため、統一感のある仕上がりになりました。
やはりこのようなドレスアップが基本となりそうですが、写真にこだわらず好きなように盛っても全然構わないと思います。
参考・EoTech XPS3-2タイプホロサイト(10,281円)・Surefire M300V-TNミニスカウトライト(63,245円)・PTS FPF-Sフォアグリップ(4406円)

まとめ
前評判の高かったHK416デルタカスタムですが、実物を見るとそれも納得の完成度。
筆者はブラックとダークアースが混在するツギハギのような色合いのARが好みなのですが、このモデルのようなタンカラーの色味の違いというのもカッコいいなぁ、と思いました。
特徴であるガイズリータイプのハンドガードのデキも素晴らしいので、純粋にHK416のカスタムモデルとして見てもその仕上がりはナカナカのものです。
いっそのことブラックモデルのラインナップもアリなのでは?

もちろん、実射性能や精度に関しては東京マルイ製なので心配無用。キチンと飛んでばっちり当たるマルイクオリティです。

この記事を読んで気になった人はぜひショップで現物を見て下さい。実物を見たらきっと欲しくなっちゃうと思います。個人的には今後しばらく次世代電動ガンの中でも1・2を争う人気モデルになるのでは?と思うほどの高評価でした。

■FIRST大阪本店
http://honten_blog.first-jp.com/
〒577-0012 大阪府東大阪市長田東5-1-3
フリーダイヤル 0120-969-946
TEL 06-6745-3331  FAX 06-6743-2381
営業時間/12:00~22:00 定休日/毎月第3木曜日

■FIRST東京アメ横店
http://ameyokoten.first-jp.com/
〒110-0005 東京都台東区上野6-3-15 大場ビル2F・3F
JR山手線「御徒町」駅 北口の改札を出て 御徒町駅前通り入ってすぐ右側
TEL 03-5817-4627  FAX 03-5817-4628
営業時間/11:00~21:00 定休日/毎月第3木曜日

■FIRST大阪日本橋店
http://nippombashiten.first-jp.com/
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋3-6-5
堺筋道路沿い高島屋別館の向い
TEL 06-6630-9755
営業時間/11:00~20:00 定休日/毎週木曜日

■インドアサバイバルゲームフィールド【W-tap】
http://wtap.first-jp.com/
〒577-0012 大阪府東大阪市長田東5-1-31
TEL 06-6732-4768 FAX 06-6732-4708
営業時間/12:00~22:00 定休日/毎月第3木曜日

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop