NEWS

英国のコレクターがイラク軍の69式戦車から2.6億円超の金塊を発見。クウェート侵攻時の略奪品か

海外軍事

Photo: News Group Newspapers Ltd
英国の戦車コレクターが、e-Bay経由で入手したイラク軍戦車の中から、240万ドル(=約2億6,000万円)におよぶ金塊を発見した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    金塊を発見したのは、映画やテレビ、イベント向けに戦車・装甲車の手配をおこなっている英国タンクス・アロット(Tanks Alot)社のオーナー、ニック・ミード(Nick Mead)氏(55歳)。

    ミード氏は、イラク軍で使われていた69式戦車をeBayで売りに出されているのを発見。保有するアボット自走砲と英陸軍のトラック各1輌とのトレードによって入手していた。

    引き取った戦車の中をメカニックのトッド・チャンバーレイン(Todd Chamberlain)と共に調べていたところ、燃料タンクに隠されていた「金の延べ棒」×5本、重量12ポンド(=約5.4キログラム)分を発見した。

    69式戦車は、ソ連製T-55中戦車の中国製コピーで、1980年代にイラク陸軍に対して大量に売却されている。

    今回発見された金塊は、1990年8月のイラク軍によるクウェート侵攻の際に略奪されたものと考えられている。クウェート侵攻に端を発した湾岸戦争が、半年後となる翌年2月に終結しており、その際にイラクは国連の監督下で3,216本の金の延べ棒を返還している。

    所轄のノーサンプトンシャー警察署から来た警官らが、金の延べ棒の出所を調査・鑑定することを目的として領収書と引き換えに持ち帰っている。ミード氏によると、遺失物に対する報労金が何パーセント支払われるのか、現時点では分からないようだ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop