NEWS

米陸軍が3Dプリンターで製造されたグレネードランチャー「RAMBO」をテスト

海外軍事

U.S. Army photo by Sunny Burns, ARDEC
米陸軍研究開発・エンジニアリング司令部(ARDEC: Armament Research, Development and Engineering Center)は、「ランボー(RAMBO: Rapid Additively Manufactured Ballistics Ordnance)」と呼ばれる、3Dプリンターによって製造されたグレネードランチャーのテストをおこなった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    RAMBOは約50個のパーツからなり、ダイレクトメタルレーザー焼結(DMLS)と3Dプリンターによって製造されたもの。

    U.S. Army photo by Sunny Burns, ARDEC
    M203をベースとしたアンダーマウントだけでなく、伸縮可能なバットストック、グリップを装備したスタンドアロンモデルもある。

    レシーバーとバレルは出力後に機械加工が必要だが、3Dプリンターの出力時間を含めてもトータルでかかる時間は従来の製造方法よりもはるかに少ない。

    U.S. Army photo by Sunny Burns, ARDEC
    使用する粉末金属は1ポンド当たり約100USドルのコストがかかるが、切削によって削られるムダな材料がなく出力中に立ち会うスタッフも不要。
    これによって材料費と人件費が大幅に減らせるのがメリットだという。

    同時に焼結樹脂やガラス繊維を含むナイロン素材を使用したM781・40mm訓練弾の3Dプリンタによる製造もテストしている。

    実験で発射された15発の3Dプリント製訓練弾は問題なく発射され、初速のバラつきは5%以下。バレル内には摩耗の兆候も見られなかった。

    U.S. Army photo by Sunny Burns, ARDEC
    これらの実験結果だけでRAMBOが即採用とはならないが、前線の兵士に迅速に、そして低コストで兵器を供給できるため、今後も3Dプリンタの運用試験は継続されるだろう。

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop