NEWS

米陸軍「UH-60ブラックホーク」の潜在的後継機、最新鋭ティルトローター機『V-280バロー』の組立が完了

海外軍事

Photo from Bell Helicopter
テキストロン(Textron)傘下のベル・ヘリコプター(Bell Helicopter)社は7日、最新鋭ティルトローター機、「V-280バロー(Valor)」の組み立てを完全に終えたことを明かした。テキサス州アマリロにある工場で撮影された写真数点を添えて、今秋おこなわれる初飛行に一歩近づいたと語っている。


Photo from Bell Helicopter

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Bell Helicopter
    V-280バローは、陸軍で運用中の回転翼機、「UH-60ブラックホーク」「AH-64アパッチ」からのリプレイスを企図したもので、2014年8月に「将来垂直離着陸機(FLV: Future Vertical Lift)」計画に基づく「統合多目的技術実証機(JMR-TD: Joint Multi Role-Technology Demonstrator)」に選ばれている。

    関連記事:
    米陸軍の回転翼機三種 (UH-60、AH-64、CH-47) のリプレイスを図る次世代ヘリコプター計画


    Photo from Bell Helicopter


    Photo from Bell Helicopter
    一般的なヘリコプターの2倍の速度、2倍の航続距離での飛行が可能で、その戦闘行動範囲は、500~800海里(=約930~1,500キロメートル)、巡航速度は280KTAS(Knots True Air Speed)(=時速約520キロメートル)を有する。軍で要求されるあらゆるミッションの完遂に必要なスピードとレンジを備えているばかりでなく、生産性とメンテナンス性も追求。洗練されたそれら特性を活かし、これまでの回転翼機では不可能だった作戦遂行を可能としている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop