NEWS

米陸軍「UH-60ブラックホーク」の潜在的後継機、最新鋭ティルトローター機『V-280バロー』の組立が完了

海外軍事

Photo from Bell Helicopter
テキストロン(Textron)傘下のベル・ヘリコプター(Bell Helicopter)社は7日、最新鋭ティルトローター機、「V-280バロー(Valor)」の組み立てを完全に終えたことを明かした。テキサス州アマリロにある工場で撮影された写真数点を添えて、今秋おこなわれる初飛行に一歩近づいたと語っている。


Photo from Bell Helicopter

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Bell Helicopter
    V-280バローは、陸軍で運用中の回転翼機、「UH-60ブラックホーク」「AH-64アパッチ」からのリプレイスを企図したもので、2014年8月に「将来垂直離着陸機(FLV: Future Vertical Lift)」計画に基づく「統合多目的技術実証機(JMR-TD: Joint Multi Role-Technology Demonstrator)」に選ばれている。

    関連記事:
    米陸軍の回転翼機三種 (UH-60、AH-64、CH-47) のリプレイスを図る次世代ヘリコプター計画


    Photo from Bell Helicopter


    Photo from Bell Helicopter
    一般的なヘリコプターの2倍の速度、2倍の航続距離での飛行が可能で、その戦闘行動範囲は、500~800海里(=約930~1,500キロメートル)、巡航速度は280KTAS(Knots True Air Speed)(=時速約520キロメートル)を有する。軍で要求されるあらゆるミッションの完遂に必要なスピードとレンジを備えているばかりでなく、生産性とメンテナンス性も追求。洗練されたそれら特性を活かし、これまでの回転翼機では不可能だった作戦遂行を可能としている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ
    過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ (2017-11-20 19:59)
     過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」 (2017-11-20 19:09)
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop