NEWS

米陸軍が新制式拳銃XM17と併せてXM1153ホローポイント弾を導入

海外軍事

Photo from SIG Sauer
先日、シグ社のモジュラーハンドガンP320がXM17としてアメリカ陸軍に採用されたが、それと合わせて、弾芯の鉛が一部露出したホローポイント弾を購入する。
今回の新制式拳銃採用プログラムでは拳銃本体と併せて弾薬も採用されることが要求仕様に盛り込まれている。アメリカ陸軍はシグ社から9mm弾薬XM1152フルメタルジャケット(FMJ)弾とXM1153特殊用途(SP)弾、いわゆるホローポイント弾も導入する。

命中すると内部で変形し大きなダメージを与えるホローポイント弾はアメリカ国内の司法機関では広く用いられている。

しかし軍用については「ダムダム弾の禁止に関するハーグ宣言」が存在し、各国の軍では変形の小さなFMJが用いられていることが多い。アメリカは同宣言に調印しておらずこれを遵守する必要性はないが、国防総省はこれまで、同宣言に準じたガイドラインを設定してきた。

参考:米軍の新制式ハンドガン「XM-17」にホローポイント弾頭が採用される可能性が高まる - ミリブロNews

フレームサイズから変更できる「モジュラー式」拳銃と、ホローポイント弾の導入というのは保守的な軍にしてみればかなりドラスティックな変化と言える。9mm弾の再評価における結論とみることができるのではないだろうか。

Source: US Army details new modular handgun based on Sig Sauer P320 | IHS Jane's 360

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop