NEWS

アメリカ陸軍がチタンパーツで3割軽量になったM2重機関銃を製造中

海外軍事

Photo By: Master Sgt. Anthony L Taylor
This photo is for illustration purposes only.
装備が軽量になれば携行弾数が増え行動距離を伸ばすことができる。今度はアメリカ軍のあるところ、どこでも見ることができるM2重機関銃が改良の対象になった。次世代型重機関銃のためのデータ採集のため、チタンパーツを使用したM2の製造が進行中だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    陸軍は今夏、M2重機関銃改良のためのRFPを出す予定だが、それに先駆けて30丁の「特注」M2重機関銃がピカティニー造兵廠で生産されている。チタンパーツが多用されており、通常の86ポンド(約39kg)から66ポンド(約29kg)と約3割の軽量化がなされている。これらは様々なテストにかけられ、データ採集が行われる。

    さらに次の世代の重機関銃においては、軽量化をいっそう進めるべく「まったく違う弾薬を使用する」ことも検討されているとのこと。低空気抵抗弾頭や樹脂薬莢のような面白いアイディアも、いよいよ表に出てくるのかもしれない。

    Source: Army Builds New Lightweight .50-Cal Machine Gun - Warrior - Scout

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop