NEWS

米陸軍が埋設された爆発物を視覚的に警報する『即時空間位置追跡』技術を開発中

海外軍事
米陸軍が、地雷など経路に埋設された爆発物の探知をおこなう際に、従来の音声によるアラートだけでなく、視覚的に警戒を促す技術を開発している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: Sean Kimmons
    『即時空間位置追跡(Rreal-Time Spatial Location Tracking)』と呼ばれるこの技術によって、埋設された地雷のセンサー画像を検出器に取り付けられたヘッドアップディスプレイやタブレットに表示することができる。

    兵士が路面に向けて装置(visual minesweeper)を一振りすることで、ディスプレイ上が色塗られ、オレンジの警戒色が表示されると、金属物に反応していることを意味する。埋設された爆発物という潜在的な脅威をより明確にすることで、経路の啓開に当たる兵士の安全確保に繋げたい狙いがある。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop