NEWS

米陸軍ナティックの歩兵戦闘装備チームが開発した「バリスティック・コンバットシャツ (BCS) 」

海外軍事
米陸軍ナティック兵士研究開発技術センター (NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center) の歩兵戦闘装備チームが、バリスティック・コンバットシャツ (BCS: Ballistic Combat Shirt) を開発。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    このコンバットシャツは、兵士の体にフィットするよう曲線部の造り込みにも注力しており、5 つのパーツを 1 つに統合して成形。兵士の体を高速の飛翔体から保護し、動き易さと快適性を追求しながらも、従来品と比べて 35% の重量削減にも成功しており、一般的なシャツを着る際と同じ感覚で着用できるとして、その仕上がりに自信をみせている。


    U.S. Army photo by David Kamm, NSRDEC) (Photo Credit: U.S. Army)
    バリスティック・コンバットシャツは、従来のソフトアーマーと等しい防護性能を持ち、腹部付近には通気性と伸縮性の高いファブリックが用いられ、新型アーマーベスト MSV (Modular Scalable Vest) との併用を想定した造りとなっている。

    関連記事:
    米陸軍、より軽量で快適に動作できる新型の保護ベストとコンバットシャツを開発。2019 年に配備を計画

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か (2018-05-21 15:19)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop