NEWS

アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始

海外軍事 Comments(0)
2018年5月23日、ニュージャージー州の米陸軍司令部は「モジュラーコンバットショットガン(MCS:Modular Combat Shotgun)」としてレミントンM870の情報収集を通達した。


Photo from Remington Defense
モジュラーコンバットショットガン(MCS)とはバレルやストックの組み換えによって警備やブリーチングなど用途別の仕様に変更できるショットガンだ。
この通達に対するレミントン社の「M870-24979」の仕様は以下の通り。
・M870レシーバ
・18インチバレル
・ロングマガジンチューブ(+3発)
・ロングマガジンスプリング(14および18インチバレル用)
・14および18インチバレル用のアクセサリーレイルシステム(BARS)
・Speedfeedタクティカルストック
・タクティカルスリング
・チョーク+専用レンチ
・オペレーターマニュアル

このシステムには10および14インチバレルは含まれていないが、サプライヤーはこの仕様に基づいて納品や配送の条件について司令部に回答する必要がある。


Photo from Remington Defense
なお、この通達は情報収集のためのもので、これに基づいて契約するものではないとしているが、アメリカ陸軍がMCSについて強い関心を持っているのは間違いないだろう。

Source: Remington 870 Modular Combat Shotgun

Text: 乾宗一郎 - FM201807

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop