米陸軍が「視覚信号(visual signal)」のマニュアルを改訂

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Image from U.S. Army
米陸軍は3月、「視覚信号(visual signal)」のマニュアルを改訂した。

視覚信号は、手や腕を動かし、時として旗や、火工品、ケミカルライト(サイリウム)などを使用することで、音を発する事を抑え、視覚情報に頼って情報を伝えるコミュニケーション手段。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    短距離において、事前に準備されたメッセージを迅速に相手に伝えることができる。その一方で、視界不良の際に相手への伝達に不安が残ることや、意図しない受け止められ方による誤解、第三者によって傍受が容易であること、武器携行時に手を取られるなど、ジェスチャーを交えるその特性上、幾つかのデメリットを持ち合わせていることから、状況に応じた利用が求められている。

    3月18日作成された、全94ページに渡る資料の中では、①歩兵展開用、②地上車輌用、③航空機用と大きく分けて3つのチャプターに分類して紹介されている。以下は、①歩兵展開用の中から一部抜粋したものとなる。

    なお、改訂内容を収録したマニュアルPDFは、本稿末尾にてリンクで紹介しているので、興味のある方はそちらよりご覧頂きたい。


    Image from U.S. Army


    Image from U.S. Army


    Image from U.S. Army



    Image from U.S. Army


    Image from U.S. Army

    Source: VISUAL SIGNALS - Headquarters, Department of the Army

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop